フィード購読はなぜ重要なのか?

集客プロデューサーの金子です。 


こんにちは!! 



最近、 Facebookに力を入れているんですが、
昨日、フィード購読が1000名を超えました^^
 

友達を増やすことも重要ですが、
「フィード購読」はさらに重要です。 

なぜ重要なのか。 

その答えはいたって単純。 

「波及力」「伝染力」が変わるためです。 

「友達申請」をする方のなかには、
「友達を増やしたい」と思って申請しているひとたちが 含まれますよね。 

「フィード購読」というのは、
純粋に、その人の「投稿」を読みたい方が申請するもの。 

ですから、 それだけ「濃い読者」がいるということを意味します。 

これまでは、「友達」にならないと、
その人の投稿が自分のニュースフィードに流れることはありませんでした。 

それが、 この「フィード購読」という機能ができたことで、
「友達」にならなくても、
その人の投稿が、ニュースフィードに流れるようになったんですね。

 例えば、 金子はEXILEのATSUSHIのファンですが、
友達申請しても承認してくれるかどうかわかりません。 

でも、「フィード購読」をすれば、
ATSUSHIの投稿を、
ニュースフィードで見ることができるようになります^^ 

好きな小説家やスポーツ選手が Facebookをやっていれば、
そのひとたちの日常を知ることができるんですね。 

友達の数の上限は5000。 

フィード購読の上限はありません。 

フィード購読者数 = ファンの数
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

つまり、「影響力の大きさ」と解釈されるようになってきています。 

メルマガ読者は何人いるか表示されることはありませんが、
「フィード購読」は一目瞭然でわかってしまいます。 

そういう意味でも、 これからは、「友達」の数よりも、
「フィード購読」の数のほうが重要になります。 

実際、金子の場合、
「フィード購読」が増えていくことで、
「いいね!」の数も100を超えるようになりました。 

コメントの数も増えてきています。 

では、「フィード購読」はどう増やしていけばいいか?? 
もっとも簡単な方法は、

「フィード購読」をどんどん押していくということです。

数をこなしていけば、誰でもフィード購読者を増やしていくことができます。

 twitterのフォロワーを増やすためにフォローする 

友達を増やすために友達申請をする 

これと同じ手法です。 

実際このやり方でフィード購読を増やしている方も
増えてきています。 

しかし、 ぼくはこの方法を勧めていません。 

実力を伴わない「数だけ」の時代はもう終わろうとしています。 

数を増やすことは、 誰でもできることです。 

誰でもできることをやっていても、
誰からも「発見」してもらえません。 

他のひとと同じやり方をしていては、
暗闇のなかのカラスと変わりません。 

専門家があふれる時代において、
まずは、「発見」してもらわないといけないんです。 

金子流の考え方は、とてもシンプルで、 
「正攻法」をとりましょう、ということです。 

真っ向から勝負するんです。

ただし、
人とは違った領域で、 

人とは違った見せ方で。 

本物、本質を追求することで、
自分を高め続け、
専門性とコンテンツを磨き続け、
 

「発見」をしてもらえるように、
自分をプレゼンテーションしていくんです。 

そのための鍵はなにか。 

「発信するコンテンツ」 に「明確な違い」を創ることです。 

「明確な違い」です。 

ほかにはない独自の立場で、
コンテンツを編集して、 送り出す。 

これを繰り返すだけです。 

コンテンツが「際立つ」ことで、 
あなたが「際立つ」んです。 

あなたが「際立つ」ことで、
あなたのことが気になり出すひとが増えていきます。 

そして、 あなたに「ブックマーク」(注目)するひとが増えていきます。 

あなたの魅力にひかれ、
どのような形であれ、
あなたに関わりたいと思うようになります。 

いいね!を押すひと 

コメントするひと 

フィード購読するひと 

個別メッセージを送ってくるひと 

ブログの記事を読みにいくひと 

メルマガ読者になるひと 

交流会に参加するひと 

セミナーに参加するひと 

あなたの発信する「コンテンツ」に心が動き、 
あなたに関わるという「アクション」が起こしていくんです。 

Facebookというのは、
集客に使うツールではありません。 

集客にも使えますが、
集客に使うと、あなたのサービスの「消費者」が増えます。 

消費され、消耗されます。 

一度は買ってもらえるけれど、
関係性が十分につくられていないために


その次来てもらうことも少なくなります。

Facebookというのは、
出会いであり、つながりを深め、

「心の接着」をつくる場所です。 

一度「心の接着」がつくられれば、 
あとは、相手の好きにすればいいんです。 

行きたいところに行ってもらえばいいんです。 

したいことをしてもらえばいいんです。 

Facebookでは、
コントロールしようとすればするほど、
ファンは消えていきます。 

Facebookだけではなく、
ブログでもtwitterでもメルマガでもそうです。 

小手先のテクニックで、 ファンをつくれません。 

真正面から正攻法で、
魅力的な「コンテンツ」をつくる。 

これが金子のスタイルです。 

では、
どうしていけば「フィード購読」が増えるような
「コンテンツ」がつくれるようになるのか? 

これもテクニックの話ではありません。 

「こうやれば、うまくいく」 という世界ではありません。 

そんなテクニックがあるんだったら、
みんなうまくいっています。 

みんながうまくいくとは限らない
というもののなかに、 大切なことがある。
 

これからその本質に
みなさんと一緒に迫っていきたいと思います。

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。