『多くの専門家がしてしまう典型的な誤解とは?』

『世界観マーケティング』

金子です。

昨日まで募集していた
ライティングの無料レポートですが、
400名以上の方が
登録してくださいました。

世界観ライティング(R)
について、
ここまでニーズがあるとは
正直予想していませんでした。

実は、
「世界観マーケティング(R)」
「世界観ライティング(R)」をテーマとした
セミナーは3年ほど前に開催
したことがあったんですよね。

そのときは、
動画収録を目的としたセミナーだったので、
講座の受講生さんたちを中心に
テスト的に開催したものでした。

3時間を予定していた内容でしたが、
思った以上にコンテンツ量があって、
最終的には4時間以上経過してしまうほど
盛り上がりました。

反応は上々で、手ごたえもありました。

ただ、
「世界観マーケティング(R)」
「世界観ライティング(R)」
といった概念は当時としては、
ちょっと早いかなあ、、、、と感じていたのと、

内容があまりにも濃いので、
値付けに迷っていたところ、

リリースするタイミングを失ってしまい、
現在に至っています^^;

また、
「世界観マーケティング(R)」
について書いていることに
反応が出てきていることや、

今回無料レポートに400名を超える方が
申し込んでくれていることから、

「世界観」というキーワードに、
興味を持っているひとが増えていることを
改めて実感しています。

とはいえ、
あれから3年も経っているので、
金子のコンテンツもどんどん
バージョンアップしているため、
どうせなら最新のコンテンツも追加して
いきたいなと思っています。

さて、、、、

ここまでメルマガで紹介してきた

「世界観マーケティング」
「リ・スタイル」
「コンサルタントとしての技法・あり方」

についてセミナーを開催したら受けてみたいか
先日からクリックアンケートをとっていますが、
すでに100件以上、回答をいただいています。

途中経過のところでは、
やはり、「世界観マーケティング(R)」
について興味があるという方がもっとも多かったですね。

ただ、
「3つすべてに興味がある」という方も
63%と多くいらっしゃいました。

この3つの項目のなかで、
「世界観マーケティング(R)」
「リ・スタイル」については
メルマガでも詳しく紹介してきましたが、

3つ目の
「コンサルタントとしての技法・あり方」

については、メルマガでも
ほとんど触れていなかったとおもいます。

どうして、
「コンサルタントとしての技法・あり方」
がここで登場するのか、
ちょっと唐突に感じた方もいるかもしれません。

その理由はシンプルです。

金子は、
これからの時代、
どんな仕事をするにしても、
「コンサルタント能力」が
求められると考えているからです。

そこで、今日は、

「なぜ今、コンサルタント能力が必要なのか?」
「そもそもコンサルタント能力とは何なのか?」

ということを掘り下げていこうと思います。

早速ですが、
質問です。

クライアントは
どうして私たちのような専門家に
お金を払うのでしょう?

それは、単純ですよね。

解決したい「問題」があるからです。

問題を解決したいからこそ
専門家にお金を払うわけです。

そして、
その問題が解決すれば、
当然クライアントは満足します。

逆に、
問題が解決しなかったら、
不満を感じるでしょう。

だから、
僕たちのような
専門家にとって、

「クライアントの
問題を解決する能力」

というのは、
なによりも重要な能力といえます。

これはコンサルタントでなくても、
コーチでも、セラピストでも、
ヒーラーでも、治療家の方でも、

専門性を持った仕事をしている方であれば、
共通して求められる能力ですよね。

ところが、
多くの専門家が、
ある誤解をしてしまっています。

それは、

・資格を取得したから、
クライアントの問題を解決できる

・専門的な技術を身につけたから、
クライアントの問題を解決できる

・自分ができた体験があるのだから
クライアントの問題も解決できる

という誤解です。

しかし、

資格 = 問題解決能力

ではありません。

専門的な技術 = 問題解決能力

というものでもありません。

自分ができた(成功体験) = 問題解決能力

ではないんです。

資格、技術、成功体験があることと、
クライアントの問題を解決できる
(クライアントに結果を出させる)ことは
まったく別ものです。

にもかかわらず、
これをごっちゃに考えている
専門家さんが多い。

僕が言っている
コンサルタント能力というのは、

まさにこの
「クライアントの問題を根本解決できる能力」
のことなんですね。

ポイントは、
「根本解決」です。

こう言われても、
ぴんと来ないかもしれませんね。

もうちょっと突っ込んでみようと思います。

例えば、
あなたが治療院をやっているとします。

ある日、
ひざが痛いという患者さんが
訪れました。

あなたが施術をすると、
「よくなった」と言って
喜んで帰っていかれました。

すると、翌日もまた
その患者さんが来て、
「まだひざが痛い」と言うのです。

そこであなたは丁寧に
施術をしてあげました。

その患者さんはまた
「よくなった」と言って
帰られました。

今度は完治しただろうと
思っていると、
しばらくしてまたその患者さんが
治療院を訪れたのです。

これって、
「根本解決」してないですよね。

コーチでもよくこういうことがあります。

クライアントのYさんは
やると宣言するときは威勢がいい。

しかし、次のセッションが来ると
きまって、行動できていない理由を
えんえんと話す。

2ヶ月経っても、3ヶ月経っても、
行動できないまま。。。

これも「根本解決」してないですよね。

これら2つのケースは、
ちょっと厳しいですが、

専門家としての
問題解決能力が低い
ということなんです。

当然、クライアントは
結果を出せないままですよね。

これはプロとして
責任を果たせてないということです。

マーケティング能力が高くても、
問題解決能力が低いと、
一時的には稼げますが、
長期的にビジネスが発展しません。

今、
マーケティングの塾やコンサルが
ものすごく増えているので、

マーケティング能力の高い起業家が
増えていますが、

クライアントの問題を根本解決できる
コンサルタント能力の高い起業家は
極端に少ないと感じています。

クライアントをがさっと集めるだけ集めて、
売上が上がっても、
クライアントの結果を出すところまで導けない
という方が確実に増えています。

これはまずいなって思いますね。

世界観マーケティングも、
コンセプトや手法だけが先走って、
集客だけに使われてしまうというのは
いやだなって思います。

世界観マーケティングをやるなら、
クライアントの期待を裏切らないために
クライアントの問題を根本解決できる
コンサルタント能力もしっかり身につけて
ほしいです。

これからの時代は、
お金を稼ぐ時代から、
信用を稼ぐ時代です。

だからこそ、
クライアントの問題を根こそぎ解決できる
コンサルタントが重宝されるわけです。

 

では、今日も素敵な1日を(‘-^*)/

 

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。