広島、平和記念資料館、さまざまな想いを、、、

金子です。
 
昨日は、
広島講演会を
開催していました。
 
 
広島での開催は、
セミナーにしても、
講演会にしても、
今回が初。
 
 
初めての土地での
セミナーというのは、
やっぱり新鮮ですね^^
 
 
昨日も、
「もったいない人」から
抜け出すためには、、、
 
というメインテーマから
外れて、
 
いつものように、
歴史、経済、政治の話について
熱く話していました。
 
 
TPPの話から始まり、
 
マレーシア航空機が失踪している件、
 
東京都知事選の実態について、
 
などなど・・・・
 
 
なぜ、
金子がこのような話を
毎回しつこく、
しかもかなりの時間をかけて
話しているのか。。。
 
 
それは、
今の時代の動きを
見たときに、
 
「自分の道は、
 自分の責任で、
 自分で選ぶ」
 
という時代に
入ってきているからです。
 
 
今、ワーキングプアと呼ばれる
年収200万円の層のひとたちが、
1000万人を越えています。
 
就労者の
4人に1人が、
ワーキングプアの時代に
入ろうとしています。
 
 
また、
生活保護受給者も増え続け、
216万人を突破。。。
 
 
2030年には、
3人に1人が65歳以上となる
とも言われています。
 
 
高齢者を支える1人あたりの負担も
増えていくということですね。
 
 
また、
中国の不動産バブルは
いつはじけてもいいという
状況です。
 
その中国に多額の投資を
しているのがアメリカ。
 
そのアメリカ経済も
逼迫した状況のなかで、
世界経済も綱渡りの状況
ということです。
 
日本もその影響を
受けざるを得ません。
 
 
こうした
不確実な未来を迎えるうえで、
 
ぼくたち1人1人は、
個人として
どうサバイバルしていくべきなのか、、、
 
 
今からどういう備えを
していく必要があるのか、、、
 
 
金子の関心は今、
そこに焦点が当たっています。
 
 
これまで、
「稼げる個人」
言い続けてきましたが、
 
もはや、
稼げるだけでは、
不十分だと感じています。
 
 
1人1人の個人が
時代の「風」を読み、
 
自分の進むべき方向に
舵を切っていく必要が
あると思っています。
 
 
マスコミでは
報道されない事実を知り、
 
経済や政治の裏側で
どのようなことが
なされているのか、
 
その真相を知ったうえで、
国を導くリーダーを、
ぼくたち1人1人が
きちんと選んでいくべき
だと思っています。
 
 
 
世の中に出回っている情報に
振り回されず、
 
自分なりの価値観を持って、
 
自分の人生を構築していく力。
 
 
そのために、
不要な情報を払いのけ、
必要となる情報を
選別していく「選別眼」
 
 
そうした、
個人が強く生き抜く「知性」
 
「サバイバル・インテリジェンス」
と言っていますが、
 
まさに、
この生き抜く知性が
問われる時代に突入したと
感じています。
 
 
 
稼げる術を身につけると同時に、
 
自分の身を自分で守るための
サバイバルな力を
 
養っていくことが、
これからの個人1人1人の
大きなテーマに
なっていくと思うんですね。
 
 
 
 
今後も、
「強い個人」については
メルマガやブログ、セミナーなどで、
ぼくの思想や構想を
発信していこうと考えています。
 
 
 
個人が生き抜く時代は、
 
個人が輝く時代でもあります。
 
 
一人一人が、
自分の才能と可能性を信じ、
思う存分活躍する時代です。
 
 
ぼくたち人間には、
宇宙並みに途方もない
可能性が眠っています。
 
 
その宇宙並みの可能性を
眠りから解き放つことが、
ぼくの志命だと、
真剣に考えているんですよね。
 
 
これからもこの「強い個人」について、
ぼくの想いを届けたいと思います^^
 
 
 
追伸、、、
 
昨日は、
午前中に空いた時間が
あったので、
 
ホテルから足を伸ばして
広島平和記念資料館
行ってきました。
 
 
原爆が投下される前の
広島市内の町並みと、
 
焼け野原になった投下後の様子が
 
隣同士で模型で
展示されていたのですが、
 
とても衝撃的でした。
 
 
投下後の広島市内には、
ほとんど建物が残って
いないんですよね。
 
 
アメリカの、
マンハッタン計画では、
原爆の投下エリアを
4カ所想定していました。
 
広島、長崎、
そして、小倉と新潟の
4都市です。
 
アメリカは、
この4都市については、
原爆の効果を検証するため、
あえて空襲をせず、
町をそのまま
残していたそうです。
 
 
なぜ、
広島だったのか、、、
 
 
これは初めて
知ったんですが、
 
広島には、
アメリカやイギリスなどの
連合軍の捕虜の収容所が
なかったそうなんですね。
 
 
それだけが理由では
なかったとは思いますが、
自国の捕虜が収容されているなら、
やはり投下はできなかったと
思うので、
 
この理由は
あながち外れてはいないかも
しれないなと思います。
 
 
8月6日は、
快晴。。。
 
広島での原爆投下は、
アメリカにとって
すべての条件を満たしていました。
 
 
候補地の1つだった
小倉は、天候不良のため、
中止となったと言われています。
 
 
歴史にもしもは
ないですが、
 
もし、8月6日の広島の天候が
悪かったら、
 
広島に原爆は
落ちなかったのかもしれない。。。
 
 
そんなことを考えていました。
 
 
 
記念講演の中央にある
記念碑には、
こう書かれています。
 
 
「過ちは二度と
 繰り返しませぬから。」
 
 
この「過ち」というのは、
日本が犯した過ち
という意味が
込められているのでしょう。
 
 
では、
原爆を落としたことは
過ちではないのでしょうか・・・
 
この過ちの「主語」は、
日本だけでなく、
戦争を起こした世界と
解釈したいと
 
ぼく個人として思っています。
 
 
 
 
さて、
 
今日から、
福岡です。
 
RISEプロジェクトの
マスターマインドミーティング
そして、
プライベートミーティングです。
 
今日も、
メンバーとがちんこで、
課題を解決していきますよ!!
 
 
 
 
では、
またアップしますね。
 
金子

 

 

【読者20,000人】読むだけで集客力がアップするメール講座
http://atluck.jp/mailseminar/

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。