完結編『結局、セールスとはなんなのか・・・』

金子です。
 
 
 
ここのところ、
セールス攻略編ということで
書いてきましたが、
 
 
今日はそのまとめとして、
 
結局、セールスとはなんなのか・・・・
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
という話をしようとおもいます。
 
 
 
 
 
私は、
RISEプロジェクトのメンバーや
過去のクライアントさんたちには、
 
セールスとは、「究極の人助け」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
という話をしています。
 
 
 
 
セールスというと、
どうしても「売り込み」という
思い込みを持っているひとが
多いとおもいます。
 
 
 
 
自分が売り込みを
受けて嫌な気持ちになった・・・・
 
そういう体験を持っていて、
 
自分はそんな売り込みは
したくない・・・・
 
そう思っている人は多いはずです。
 
 
 
 
その結果、
 
「自分の売り込みができない」
「押し売りしたくない」
「セールスが苦手」
 
ということに
つながっていると思っています。
 
 
 
もちろん、
過度に売り込んでしまえば、
相手も嫌な気持ちになってしまいます。
 
 
 
商品が欲しくないお客様に
ムリヤリ商品を強要するのは、
「完全な売り込み」です。
 
 
 
ただ、
あなたの商品が気になっていて、
「決めきれないお客様」がいる
ということも実は多いんですね。
 
 
 
そして、
これは意外かもしれませんが、
 
迷っているお客様は、
 
—————————————-
「ここでもうワンプッシュ
 押してほしい・・・・」
—————————————-
 
そう思っていることが
少なくないんです。
 
 
 
 
 
ということは、、、、
 
 
目の前のお客様が、
 
「背中を後押し
してほしい」と思っているか、、、
 
それとも、
そうしてほしくないと思っているか、、、
 
ここを見極められるかが重要ですね。
 
 
 
 
単純な方法としては、
 
「この商品を欲しいと思いますか?」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
と聴いてみることです。
 
 
 
 
ただ、
これはリスクがあります。
 
 
 
もし、
「いいえ」という答えだったら、
セールスは失敗に終わってしまいます。
 
 
 
 
YESかNOを聴くよりも、
こんな質問をしてみるといいです。
 
 
—————————————-———————
「あなたがもしこの商品を買ったとして、
 どんな未来が手に入るといいですか?」
—————————————-———————
 
 
 
もし、商品に興味がないひとなら、
この質問に対して、
積極的には答えないでしょう。
 
 
 
逆に、興味があるなら、
 
商品を手に入れた自分の未来を想像し、
たくさんしゃべってくれると思います。
 
 
 
もし、
お客様が生き生きとその未来のイメージを
語ってくれるなら、
 
あとは、
いくつかの条件をクリアしていくだけです。
 
 
・お金の問題
・時間の問題
・家族の了解の問題
etc,,,,,
 
 
こうしたことを1つ1つ
クリアしていけばいいということに
なります。
 
 
 
 
そして、
ここまで来れば、
お客様はあなたの商品を
ほぼ買いたいという気持ちに
なっているでしょう。
 
 
 
背中を後押ししてほしい・・・・・
 
 
そう思っていると思います。
 
 
 
 
ここで、お客様自ら、
 
「じゃあ、買います。」
 
というのは、
心理的な抵抗があるんですね。
 
 
 
売り込まれているのに、
こちらからくださいというは、
 
言ってみれば、
「しゃく」なわけです。
 
 
 
ですから、
セールスしている側が、
最後は後押しをするべきなんですね。
 
 
 
 
ここで、
売り手側には「躊躇(ちゅうちょ)」
が生まれます。
 
 
もし、断られたらどうしよう・・・・
 
 
と、一気に緊張感が上がります。
 
 
 
 
ただ、
ここで躊躇してはいけません。
 
 
 
堂々とセールスすべきなのです。
 
 
 
 
 
もし、あなたの目の前に、
溺れているひとがいて、
 
あなたの力で
十分にそのひとを救えるとします。
 
 
 
あなたは、
そのひとを躊躇なく
助けると思います。
 
 
 
もし、あなたが、
商品を提供しなければ、
 
目の前のお客様は、
問題を解決できず、
ずっと苦しみ続けるかもしれません。
 
 
溺れているひとを助けられるのに、
助けないということになるわけです。
 
 
 
これは、
ある意味で、
「無責任な行為」
と言えます。
 
 
 
 
極端な言い方ですが、
 
—————————————-———-
セールスをしないというのは、
「無責任」な行為
—————————————-———-
ということです。
 
 
 
 
もちろん、
最終的に選択するのは、お客様です。
 
 
 
その選択権は
お客様に委ねる前提で、
堂々とセールスするのです。
 
 
 
 
—————————————-
セールスは「パッション」
—————————————-
 
という話もしたと思いますが、
ここまでしてはじめて、
相手にあなたの自信が伝わるのです。
 
 
 
ここまでしないと、
お客様にあなたの覚悟は
伝わらないのです。
 
 
 
誰だって、
「自信」「覚悟」を持った相手から
商品を買いたいと思いますよね。
 
 
 
だからこそ、
躊躇せず、堂々と
自信を持って、
自分の商品を
セールスするべきなのです。
 
 
 
 
突き詰めると、
 
—————————————-——–
セールスというのは、
あなたがお客様を助ける「入口」
—————————————-——–
 
だということです。
 
 
 
 
そういう意味で、
私は、
 
—————————————-——–
セールスは、「究極の人助け」
—————————————-——–
 
だと思っています。
 
 
 
いかがだったでしょうか??
 
 
 
セールスの記事が
すこしでもお役に立てれば嬉しいです。
 
 
 
ここで、
セールスについてのあなたからの
感想や質問を受け付けたいとおもいます。
 
 
期間は、
 
本日から4月30日(水)まで
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
 
※回答いただいた方には、
セールスについて金子がメルマガに書いた
バックナンバーのダイジェストレポート
プレゼントさせていただきます。
 
 
たくさんの反応を楽しみにしています^^
 
 
 

【読者20,000人】読むだけで集客力がアップするメール講座
http://atluck.jp/mailseminar/