ただの良い人で終わってしまうのが悲しいです。

金子です。
 
 
今は、
大阪に向かう新幹線で
このメールを書いています。
 
 
 
RISEプロジェクトメンバーとの
ミーティングを3件、
 
明日は、
グループコンサルミーティングです。
 
 
 
ちょうど、今、
名古屋を越え、
庄内川を通過したところです。
 
 
 
 
さて・・・・・・・
 
まずは、
お知らせです。
 
 
4月26日に開催する、
こちらのイベントですが、
すでに満席となっておりますが、
【5名】ほど増席できることになりました。
 
 
今日はナビゲーターの近藤さんと
打ち合わせをしましたが、
「これは面白くなりそうですね」
と盛り上がりました^^
 
・女性起業家の「ここがもったいない!」
・隠れた才能発掘「3つの魔法の質問」
・成功のポイント「自分プロデュース」
 メンターとの上手な付き合い方
 澁谷金子の座右の書・バイブル
・男性から見る女性ならではの強みと武器とは?
 
など、
白熱すること間違い無し!!
 
ぜひお越しください!!
 
################
 
女性起業家が成長するための
「耳が痛い話」が炸裂します!
 
男性経営者がみる、
女性起業家のここがもったいない!
 
澁谷耕一×金子欽致トークライブ
 
・日程 4月26日(土)
    開始13:00
    終了16:00
・場所 赤坂セミナーハウス
・当日サイン会も行います。
・申込はこちら↓
################
 
 
 
 
 
さて、ここのところ、
セールスに関する記事を
書いてきましたが、
 
saraさんから
こんなご質問をいただきました。
 
 
 
↓ここから
 
施術の後、商品を売る事が
なぜか出来なくなりました。
 
 
以前働いていた店の商品は
はっきりと効果が出るのが
眼に見えて分かるので
 
自信を持って売る事ができ、
何度もトップセールスで表彰されました。
 
 
しかし、今の店の商品は、
自分が使っても効果を感じるられず、
商品のコンセプトもはっきりしない為か
何をセールスしたら良いか分りません。
 
 
そのため、最近では、
商品説明はスルーするように
なってしまいました。
 
 
こういう状況を脱したく、
努力もしているのですが相変わらずです。
 
 
エステの技術には自信があり、
お客さんとのコミュニケーション能力も
かなり良いと思います。
 
 
でも、お客さんにはただの良い人で
終わってしまうのが悲しいです。
 
 
商品もバッチリ売れる
エステティシャンになりたいのです。
 
 
是非アドバイスを頂きたいと願っています。
 
 
↑ここまで
 
 
 
「商品を自信を
持ってセールスできない・・・・」
 
 
という悩みですね。
 
 
前のお店では、
商品を堂々とセールスできた。
 
 
しかし、
今のお店の商品は
それができなくなった。。。
 
 
この違いは、
どうして起こったのかというと、
 
saraさんの文面からは、
 
自分で商品の効果を実感できなくなった
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
ということだと
書かれています。
 
 
 
自分が使ってみて、
効果を感じられないものを
 
お客様に自信を持って、
堂々とセールスすることは
できませんよね。
 
 
考えられる
対処法として2つあると思います。
 
 
 
1つは、
商品について、
自信を持つこと。
 
 
堂々とセールスが
できないのは、
商品に自信が持てないからです。
 
 
とはいえ、
効果が実感できないのに
どうやって自信を
持てばいいのか・・・・
 
 
それは、
自分が実感できなくても、
「こういう人に効果がある」
ということが納得できたら
いいと思います。
 
 
そのためには、
 
—————————————-
その商品について
もっともっと知識を増やす
—————————————-
 
ことをお勧めします。
 
 
 
調べていけば、
その商品の意外な効能・効果が
見えてくると思います。
 
 
その際、
 
店長、オーナーに
 
「多くの商品があるなかで、
なぜこの商品を扱っているのか」
 
を詳しく聴いてみてください。
 
 
そこにはきっと「理由」
あるはず。
 
 
また、
インターネットを使って、
その商品の、類似商品や
競合商品について、
その特徴を調べ尽くしてください。
 
 
そうすることによって、
 
自社の商品が、
他とどう違うのか?
 
他と比較して、
なにが優れているのか?
 
なかでもどんな人に
効果があるのか?
 
 
こういった「差別性」
見えてくると思います。
 
 
 
「知識」を補強することで、
その商品の
これまで見えなかった価値が
明確になってくると思います。
 
 
そうすることで、
いままで自信がなかったものが、
堂々とその商品を勧める
セールスポイントも
浮かび上がると思います。
 
 
 
もう1つの対処法は、
saraさんが、
「他のお店に移る」
という選択肢です。
 
 
 
もし、商品を調べて、
他との違いがあまりなく、
 
店長やオーナーに聴いても、
特別にこの商品を採用した
理由もない、、、
 
ということなら、
商品ポリシーをしっかし持っている
違うお店に移る
ということも1つかと思います。
 
 
いずれにしても、
まずは、今の商品に対する知識を
強化してみるといいと思います^^
 
 
—————————————-————–
セールス力は、
 
「商品に対する
 強烈な愛着と揺るぎない自信」
 
に比例します。
—————————————-————–
 
 
つまり、
 
「商品力」が、
セールス力につながる
 
ということですね。
 
 
 
そのためになにをする必要があるかというと、
とても単純。
 
 
—————————————-————–
商品を徹底的に理解すること
—————————————-————–
 
 
これに尽きますね。
 
 
ぜひあなたも、
商品に対して、愛着が持てるようになるまで、
自分の商品を理解しておきましょう。
 
 
 
 
■セールスについてのあなたからの
感想や質問を受け付けたいとおもいます。
 
 
期間は、
 
4月30日(水)まで
^^^^^^^^^^^^^
 
 
 
回答いただいた方には、
 
セールスについて金子がメルマガに書いた
バックナンバーのダイジェストレポート
 
「売り込まずに引き寄せる
 究極のセールス心理学特別レポート」
 
をプレゼントさせていただきます。
 
 
 
たくさんの反応を楽しみにしています^^
 
 
 

【読者20,000人】読むだけで集客力がアップするメール講座
http://atluck.jp/mailseminar/