『Mさんの物語・最終回』

金子です。

昨日の夜は、
すごいひとと飲んでいました。

詳しくはあとがきで。。。

さて、
今日も前回の記事のつづきです。

集客には、
無限に打ち手があること。

集客がうまくいってない人は、
打ち手が少ないということ。

集客は打ち手の数で
勝負が決まるということ。

そして、
集客の心得は、
面倒なことを全部やること。

これらを学んだMさん。

いよいよ集客の
実践に入っていきました。

※前回の記事:
http://goo.gl/hJMdzk

・・・・

金子:

「Mさん、
 その後、調子は
 どうかな?」

Mさん:

「ようやく軌道に
 乗ってきたかなと。」

金子:

「いいね!」

Mさん:

「はい^^
 ありがとうございます!

 金子さんのアドバイスとおり、
 ブログはなんとか頑張って、
 毎日書いています。」

金子:

「おお、
 続いているんだね、
 ワンダフル!」

Mさん:

「ありがとうございます!

 おかげさまで、
 ブログの読者も増えて
 きています。

 メルマガ読者もまだ
 65名と少ないですが、
 ブログから1日1件は
 登録が入るように
 なってきました^^」

金子:

「それはすごい!

 だんだんといい流れに
 乗ってきているね^^」

Mさん:

「はい^^

 始めは毎日更新しても
 まったくアクセスが
 上がらなくて
 焦っていたんですが、

 そのたびに
 金子さんが言っていた
 言葉を思い出すんですね。」

金子:

「おお、
 どんな言葉?」

Mさん:

毎日書いて
 反応が出るのに
 最低でも1ヶ月はかかるって。

 あとは、ブログで
 商品が売れ始めるのに、
 3ヶ月は見ておくようにと。

金子:

「そうそう、
 そうなんだよね。

 ブログの読者さんって、
 固定化するのに、
 時間がかかるんだよね。

 最初は反応がなくても、
 確実見てくれている
 固定の読者さんが
 増えていくものなんだ。」

Mさん:

「はい、
 それを実体験している
 ところです^^

 今は、ブログを更新しないと
 逆に不安になってしまいます^^;」

金子:

「おお、
 いい兆候だ^^」

Mさん:

「金子さんが以前、
 メルマガを書かなくなった
 ときのことを考えると、
 怖くなる、

 とおっしゃっていたことが
 あったと思いますが、

 あのときは、
 その意味がよく
 わからなかったんです。

 でも、
 あ、そういうこと
 だったんだ!

 って今ではとっても
 腑に落ちています(笑)」

金子:

「ははは(笑)

 それで、
 バックエンドのほうは、
 売れているのかな?」

Mさん:

「まだまだ少ないのですが、

 今月は、
 ブログから体験カウンセリングが
 4件申し込みが入って、
 
 そのうち3名が、
 バックエンドを買って
 くださいました^^

 あとは、
 セミナーを2回開催を
 予定していたんですが、
 1回は集客ができず
 中止になってしまいました。

 もう1回のほうには、
 3名来てくださって、
 そのうち2名がの方が
 バックエンドを
 買ってくださいました^^」

金子:

「おお、
 おめでとう!!

 バックエンドは
 最終的にいくらに
 しているの?」

Mさん:

「本当は30万円で売りたいんですが、

 今はまだテスト段階なので、
 モニター料金という形にして、
 20万円で売っています^^」

金子:

「おお、いいやり方だね。
 
 じゃあ、今月の売上は
 100万円を突破したって
 いうことかあ。」

Mさん:

「はい!」

金子:

「素晴らしい!!

 USPとキャッチコピーを
 決めてからまだ4ヶ月半
 だったよね?」

Mさん:

「はい。」

金子:

「かなり順調だね!」

Mさん:

「ありがとうございます!」

金子:

「今後は
 なにが課題に
 なってくると思う?」

Mさん:

「そうですね、
 やはり、セミナーに
 安定的にひとを集めていく
 ことかなと思います。

 そのためにも、
 メルマガの読者を
 増やしていかないと
 いけないなと思いますね。」

金子:

「そうだね、
 立ち上げ期は、
 セールス力があれば、
 バックエンドを売れるから
 月に100万円を
 売り上げることは
 難しくないんだよね。

 実際、ぼくの会員さんたちも、
 集客力がなくても、
 月100万円を突破している
 ひとたちはいっぱいいるからね。」

Mさん:

「はい。」

金子:

「ただ、
 安定して月に100万円を
 稼いでいくためには、
 セールス力だけでは限界があって、
 マーケティングが必要に
 なってくるよね。」

Mさん:

「はい、、、
 今まさにそこに
 直面しています。」

金子:

「年収1000万円の壁は
 そこなんだよね。

 3000万円を目指す人は
 多いんだけど、
 マーケティングのところで
 つまづいているひとたちが
 多いよね。

 見込客リストを安定して、
 増やしていける仕組みが
 つくれるかどうか。

 ここが鍵だよね。」

Mさん:

「そうですね。

 今は、セールス力で
 カバーできていますが、
 いずれセミナーにも
 これ以上人が集められ
 なくなるときが
 遅かれ早かれ来ると
 思っています。」

金子:

「いい感覚してるね^^

 まあ、
 マーケティングについては、
 またじっくり仕組みを
 作っていきましょう。

 まずは、
 フロントエンドの
 体験カウンセリングや
 セミナー開催から、
 確実にバックエンドを
 取れるようにしていこう^^

 そうすれば、
 年商1000万円は
 達成できるからね。」

Mさん:

「はい!!」

MさんのUSP物語は、
いかがだったでしょうか?

これは現実に起こった
実話をもとにした
ストーリーです。

ところどころは脚色
していますが、
大枠のところでは、
Mさんと一緒にビジネスを
立ち上げた経緯を
再現できたとおもっています。

Mさんは、その後、
ぼくの起業塾のなかで、
月に180万円の売上を達成しました。

今では、
30万円の高額講座を開催し、
10名の会員さんの獲得を
目指して精力的に走り続けています。

しかし、
過去のMさんは、
カウンセラーとしてすでに15年
活動していました。

カウンセリング経験も
300人以上は
あったのです。

月の収入も
絶好調のときで
30万円を越えれば
いいほうでした。

Mさんが当時結果を
出せなかった理由は、
ほんとうにシンプルです。

それは、
自分の魅力を伝える
USPがなかったのです。

正確に言えば、
自分自身のUSPに
気がついていなかったんですね。

ぼくが関わったことで、
Mさんが輝けるUSPが
明確になっていった。

ただ、それだけなんです。

Mさんの物語は、
ここで完結します。

このあとは、
いよいよあなた自身の
USP物語が始まります!!

道に迷ったときは、
このMさんのUSP物語を
何度も読み返してください。

きっと、
あなたにとって、
頼り甲斐のある
道標になってくれるはずです。

では、
ここまで読んでくださって
ありがとうございました^^

 

==========
↓↓↓お知らせ↓↓↓
==========

MさんのUSP物語のご感想を
記入いただいた方には、

先着で100名の方に、
^^^^^^^^^^

「MさんのUSP物語を
 編集したPDFブック」

をプレゼントさせていただきます。

⇒感想フォームはこちら:
http://goo.gl/7mHdbR

 

 

あとがき:

昨日は、
すごい人と飲んでました。

福岡でも、
腕の立つ整体師さんです。

私は福岡に来ると、
必ずこの整体師さんに
体のメンテナンスを
してもらっています。

なにがすごいのかというと、
これまで施述してきた
お客様の人数が、
合計すると10万人なんだそうです^^;

10万人ですよ!

すごくないですか!?

よくその道を極めるには、
1万時間必要と言われます。

しかし、この整体師さんは、
その10倍は修行を
積まれているんですね。

千里の道も一歩から、
という言葉もありますが、
まさに千里どころか10万里を
歩んできたということです。

私のコンサル歴でいえば、
まだ1000人にも
満たないわけで、
この話を聞いて、
心から敬服しました。

道を極めるという
ベースがあり、

その上に、
ビジネスの道がある。

ビジネスはほんとうに
奥が深い!!

今日は、
福岡の起業家さんの
プラチナミーティングの
サポートに入ります。

今年で1億円のプロジェクトを
動かしている方なので、
わくわくしますね^^

では、今日も寒いですが、
素敵な1日を(‘-^*)/

 

 

■ブログのご感想を聴かせてください。

ご回答いただいた方には、、、

—————————————————————————-
【ワークシート】
 あなたの究極の強み(USP)をあぶり出す
 『33の魔法の質問リスト』
—————————————————————————-

をプレゼントさせていただきます。

1分ほどで回答できます。
⇒ http://77mag.net/fr/mg1a/magQ

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致