『facebookのプロフィールはなぜ重要なのか?』

金子です。

昨日は、
facebookで
ブランディングや集客に
つまづいている人たちに
共通している点には
3つの観点があるということを
お話しました。

それは、
1)プロフィール写真
2)プロフィール
3)投稿の内容と頻度
についてです。

今日は、

2つ目の
「プロフィール」について
お話しますね。

まず、
プロフィールは、
「いつ読まれるか」。

フィードに流れる投稿のなかで、
気になった人がいたら、
その人の個人ページを開きますよね。

プロフィールを見るのは、
だいたいの場合、
その人の個人ページに初めて訪れたときです。

・この人、
どんな仕事をしているのか?

・どんな経歴の持ち主なんだろうか?

・どこに住んでいて、
家族構成はどうなのか?

・趣味とかあるのかな?

などなど、
その人について知りたいことが
書かれているかもしれないと思い、
プロフィール情報を目にします。

この時、
そのプロフィールが、
ただ単に、

事実の羅列だったら・・・

経歴の羅列だったら・・・

資格の羅列だったら・・・

その人に対する印象は
薄いまま。。。

数日も経てば、
きっと記憶から
なくなってしまうでしょう。

その人への興味が
湧かなくなるでしょう。

そうなると、
その人のことを
もっと知りたいという
欲求が湧いてこなくなります。

よほど投稿が面白いもので
ない限りは、
その人に交わる機会は
起こらないと考えるのが自然です。

こうして、
この2人の人生は交差することもなく、
互いの道を歩んでいくことになります。

ここで大事なことは、
プロフィールというのは、
読まれるのは「たった一度」
だということなんです。

一度読んで
読み手の心にフックしなかったら、
二度とそのひとと交差しないということです。

facebookの基本情報に
記載するプロフィールは、

「一度読んだらなにかしら
記憶に残るプロフィール」

になっているといいということですね。

では、ここで質問です。

どんなプロフィールだったら、
記憶に残るのでしょうか?

ぜひご自身の今のプロフィールを
見ながら、
あなたなりに、
考えてみてください。

他のひとのプロフィールを
読んでみると
「よいプロフィール」の参考に
なるのでいいかとおもいます。

では、続きは
また次回のメルマガで^^

 

==

 

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■「東洋経済オンライン」に、
金子のコラムが掲載されました。

=============================
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192

「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代
-年収300万円時代を生き抜く「マイクロ起業」-
http://toyokeizai.net/articles/-/105222
=============================

 

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

 

……★☆………………………………………………………………………

 

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106