『金子のルーツ』

金子です。

僕は、子どもの頃、
学校に行くのが
ほんとうに嫌でした。

先生は怖いし、
クラスメイトも
怖かったんですね。

幼稚園のときから
仲良しだった親友も
小学校で疎遠となり、
友達という友達は
いませんでした。

クラスにおけるポジションによって、
存在感や人気度が変わる。。。

そんなふうに
クラスという単位が
1つの小さい世界に
なっているのが嫌でした。

中学に入ると、
地域でもっとも不良の多い学校で、
かつあげ、いじめは当たり前でした。

部活も友達との関係でつまづき
退部してしまいました。

そんなふうだから、
僕は学校時代に
あまりいい思い出が
ありません。

今にして思えば、
僕はすごく根暗な子どもでしたね。

時を経て、
会社員時代の頃、
藤本さんという会社の先輩、
といっても10歳以上も
年の離れた先輩でしたが、

その藤本さんが
一冊の本を貸してくれたんですね。

それが、
アメリカのフリースクール
についての本だったんです。

なんの予備知識も先入観もなく
その本を読んだのですが、

そこには当時の僕には
信じられないような
ことばかりが書かれていました。

アメリカのフリースクール
というのは、
こんなにも自由なのか・・・。

日本の学校教育と違って、
こんなにも子どもの
自主性を尊重するのか・・・。

日本とアメリカの教育の違いに
心底愕然としました(>_<)

そして、
アメリカの学校制度について
フリースクールについて
もっと知りたくなり、
その手の本を読んでいきました。

当時、
会社の仕事に喜びを
感じられず、
上司との関係につまづき
うつになっていた時期のことです。

会社を辞めようと
本気で考えていました。

そして、
どうせ会社を辞めるなら、
アメリカに行こう。

フリースクールの現場を訪ね、
アメリカの教育制度について
調べてみよう。

そんな衝動に
駆られていました。

その後、
結局は会社に留まることに
なったので、
アメリカ行きは
決行できずじまいに。。。

それでもそのとき
僕のなかに1つの想いが
生まれていました。

いつしか日本の
閉鎖的な教育制度を
変革したいと・・・。

その想いは
今でもあります。

ただ、
学校制度を
直接変えるというのとは
違う手段を選んでいくと
思っています。

そう考えると、
今僕が運営している
RISEという起業塾も、

フリースクール型の学校を
どこかしらモデルに
しているのかもしれません。

1人1人が、
自らの課題を解決する力を持っている。

先生から教わるのではなく、
環境から学ぶ。

1人1人が
なにも欠けているところがなく、
可能性と創造性にあふれている。

そんな学校を
創ろうとしているのかもしれません。

稼ぐということは
結果でしかありません。

その手前には、
人としての自立や成長が
必要です。

僕は稼ぐことそのものよりも、
その人の自立や成長の部分に
興味と情熱があるんですよね。

そういう意味でも、
僕のルーツは、
学校教育にあるのかもしれません。

ルーツを掘り下げていくと、
そこには、
その人が持つ価値観や理念が
潜んでいます。

そして、
ルーツと価値観や理念、
そしてビジネスが一致したとき、
そのひとらしい独自の「世界観」が
花開くのです。

それでは、
素敵な1日を!!

 

==

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■「東洋経済オンライン」に、
金子のコラムが掲載されました。

=============================
【1】
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192

【2】
「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代
–年収300万円時代を生き抜く「マイクロ起業」–
http://toyokeizai.net/articles/-/105222

【3】
誰もが副業で幸せに稼ぐ「才能」を持っている
–「好きなこと」の中にこそ副収入のタネ–
http://toyokeizai.net/articles/-/108327
=============================

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

……★☆………………………………………………………………………

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106