『重要な仕事は、1日のいつとりかかるとよいか?』

金子です。

時間管理は
僕も試行錯誤してきた
テーマです。

そして、
最終的には、
こう思うようになりました。

大事なことは、
時間を管理する
というよりも、

集中力を管理する
ことのほうが重要である

ということです。

時間管理が
うまくいかないときは、

過去を振り返ると、重要な仕事を
あとに回してしまったときでした。

かつて僕は、

午前中に、
メール処理や事務的な仕事を
片付けて、

それが終わったら、
重要な仕事に取りかかる

というスタイルで
やっていました。

午前中に
さくさく仕事が
進むと嬉しいもので、

午後も
このまま調子よく
できるだろう・・・

そう思っていたら、

お昼ご飯を食べたら、
お腹がいっぱいで
眠くなってくる。

そして、
だいたい2時、3時あたりまで
頭がぼーっとしてしまって、

そのままだらだらと仕事をしてしまい、
気がつけば、
5時、6時になっていると。

そして、
お腹がまた減ってきて、
夕食はなににするか、
どこで食べるかなどを考えながら、
中途半端に仕事をするんですね。

夜ごはんを食べに
外に出ると、
帰る人ばかり・・・。

なんだか、
家に帰りたくなってくると。

そうやって、
最重要の仕事を
取り掛かることなく、
1日が終わってしまう。。。

そんなことを繰り返して
しまっていたんです。

独立してからも、
同じようなスタイルでした。

そこで、
思い切って、

最重要の仕事を
朝やることにしたんです。

例えば、
メルマガ、ブログの執筆だったり、
短期的な売上の計画を立てるといった
ことだったりです。

はじめのうちは、
他のこまごまと仕事や
返信しないといけないメールのことが
気になったりしていましたが、

そのうちだんだんと
集中できるようになったんですね。

すると、
朝は頭も澄み切っているので、
とても集中できて、
大きな仕事もどんどん
片付けられるようになりました。

そして、
午後から、
メール処理や、
人とのアポイントなどを
予定に入れるようにしたのです。

そうすることで、
最重要の仕事を
毎日着実にできるように
できるようになりました。

ポイントは、
心身ともに
疲れていない朝に、
最重要の仕事をやっつけてしまう
ということです。

つまり、
自分のエネルギーが高い
集中できる時間帯に、
大事な仕事を入れるということ。

ぜひ、
試してみてくださいね!

では、素敵な1日をお過ごしください!!

 

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■「東洋経済オンライン」に、
金子のコラムが掲載されました。

=============================
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192
=============================

 

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

 

……★☆………………………………………………………………………

 

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106