『話題の映画「この世界の片隅で」を観てきました。』

金子です。

今日は、
話題になっている映画
「この世界の片隅に」を
観てきました。
http://konosekai.jp/

公開してから
ずっと気になっていた作品
だったんですよね。

あらすじは、
映画.comからそのまま引用すると、

・・・・・

第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、
大切なものを失いながらも前向きに
生きようとするヒロインと、彼女を
取り巻く人々の日常を生き生きと描く。

昭和19年、故郷の広島市江波から
20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた
女性すずは、戦争によって様々なもの
が欠乏する中で、家族の毎日の食卓を
作るために工夫を凝らしていた。

しかし戦争が進むにつれ、日本海軍
の拠点である呉は空襲の標的となり、
すずの身近なものも次々と失われていく。

それでもなお、前を向いて日々の
暮らしを営み続けるすずだったが……。

・・・・・

という内容の作品です。

これまで
戦争の映画というと、

戦場で戦う男と
安否を気遣う家族という
設定のものがほとんどでした。

しかし、
「この世界の片隅で」には、
戦地での描写はありません。

すべてのシーンが、
残された家族のほうの日常が
描かれているんですね。

戦争が始まってから
物資が不足し、

戦局が進むにつれて
配給される食料の内容も
だんだんと乏しくなり、

次第に砂糖、塩、米も
なくなっていく・・・・。

そんななかでも、
主人公のすずは
限られた食材を生かして、
料理を工夫していきます。

金子は戦争映画は
これまでに何本も観てきていますが、

残された家族が
どのように生活をしているのかを
ここまでリアルに描かれた作品を
観たことがなかったので、

当時の日本の家庭では、
こんな暮らしぶりだったんだ・・・

としみじみと感じ入っておりました。

そして、
はじめは平和だった広島県・呉市も、
戦争が進むにつれて、
だんだんと空襲が民家を
襲うようになります。

日本が経験した大戦では、
戦火が家を奪い、
多くの家族を引き裂きました。

戦後の教育では、
そのつらい過去については
教科書のわずか1ページにも
満たないスペースに
わずかな事実だけが
記載されている程度なんですよね。

かつて百田尚樹さんが原作を書いている
「永遠の0」が公開されたとき、
日本にこんなに壮絶な過去が
あったということを初めて知り
衝撃を受けたという若者が多かった
という話がありましたが、

「この世界の片隅で」も、
戦争のときに、
日本の一般的な家庭で、
なにが起こっていたのか、

どんなに暮らしが貧しかったのか、

そのなかでどう暮らしを
明るく豊かにしていこうと
懸命に生きていたのか、

こうしたリアルな日本の歴史に
触れることで、
多くの日本人が涙し、
歴史を知ることができるのだと思います。

これまで、
広島に原爆が落とされる場面は、
多くの映像で観てきましたが、
そのたびに胸がかきむしられるような
疼きを覚えます。

この事実を、
日本人として忘れてはいけない。

ほんとうにそう思います。

ただ、だからといって、
短絡的に戦争に反対だと
言うことはできないと思うんですよね。

誰もが戦争のない平和な
日本であることを望んでいるはずです。

でも、
日本の隣の国が日本に対して、
いつ戦争をしかけてくるか
わからない状況になってきていますよね。

日米同盟があるから
いざとなったらアメリカが
守ってくれるんだ。

と、先生から教わりました。

しかし、
過去、戦争時に、
数々の同盟や条約が
破られてきたという歴史を
よく知っておかないといけないと
思うんですよね。

敗戦の直前に、
日本の同盟相手だった
ソ連はその同盟を破り、
日本に攻め込み、
戦勝国として
領土分割の主張をしました。

戦後シベリアに抑留された日本人の数は
50万人から70万人にものぼるといいます。

いざというときに、
アメリカが守ってくれなかったら、
日本はいったい誰が守ってくれるのか?

金子はけっして右翼ではありませんが、
日本がこれから平和な国としてあり続けるためには、
やはり、国防を強くしていかないといけないと
考えている1人です。

日本のマスコミには一部の事実しか
報道されていません。

テレビや新聞で報道される情報だけでは
なにが起こっているのかを
知ることはできないんですよね。

日本人1人1人が、
日本に過去の戦争で
いったいなにが起こったのかを
ちゃんと知ることが大切だなと思っています。

そういう意味でも、
「この世界の片隅で」は
多くのひとに観てほしい作品です。

 

それで、
さっき公式サイトを見ていて
わかったのですが、

この映画、クラウドファンディングで
3,374名のサポーターから
39,121,920円の制作資金を集めたそうです。

これを読んでほんとうに、
びっくりしました(>_<)

今や映画も、
クラウドファンディングで
資金を集める時代に入ったんですね。。

これまで、
商業映画というのは、
巨額のお金がないと制作ができない
というのが常識でしたからね・・・。

これからの時代は、
資金がなくても、

無名でも、
原作が優れていて、
多くの共感するサポーターを
集めることができれば、

映画を作ることのできる時代に
なっていくということですよね。

金子も将来的には
日本を代表する映画を作り、
日本という国の素晴らしさを
世界に伝えたいという夢があるので、

クラウドファンディングで映画が作られ、
全国で放映されたという事実は、
ほんとうに驚きだったと同時に、
ものすごく興奮してしまいました(>_<)

ということで、
今日はなんだか映画の話に
なりましたが、
いい映画でしたので、
読者のみなさんにもオススメしたいなと思い、
長々書かせてもらいました。

 

では、
素敵な週末をお過ごしください^^

金子

 

■本日の「ご感想」はこちらから

今なら動画教材:
「セミナーの学びを
最大化する5つのコツ」をプレゼント!
https://goo.gl/hKdNzv

……★☆………………………………………………………………………

株式会社ATLUCK
代表取締役 金子欽致

 

■金子の2冊目の本

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

■金子の1冊目の本

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106

 

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。