『結果を出せるひとたちの9割が吐いたセリフとは?』

金子です。

ひとはみんな目標や望みや夢を
持っています。

みんながそれらを叶えられたら
いいですが、
実現するひとは一握りだったりします。

それはなぜなのか?

起業塾でも
結果を出すメンバーと
出せないメンバーとに分かれます。

それはなぜなのか?

そのことについては、
僕なりに考えてきました。

僕の過去のコンサルや塾の
卒業生で、

突出した結果を出したひとたちを
思い返してみると、

1つの「共通点」があることに
最近気がついたんです。

彼らは、僕に向かって、
共通するセリフを話していたんです。

それぞれ言い方は、
微妙に違うんですが、
だいたいこんなことを
言葉にしていました。

それは、

「私はこのままでは
終われないんです。」

という言葉です。

もしくは、

「このままじゃいやなんです。」
「このまま終わりたくないんです。」
「このままの人生では、
死んでも死に切れません。」

といった具合ですね。

いずれにしても、
共通しているのは、

このままの状態であることに対して
強い抵抗感や嫌悪感を感じている
ということです。

「このままでは嫌だ!」

という強い感情を
抱えているということです。

現状に強い「痛み」が
あるんですね。

だからこそ、
「現実を変えたい!」
というエネルギーも
また強くなっているんです。

「絶対自分を変える!」と
決めているんですね。

逆に言うと、

今のままで
強い痛みがない場合には、

現状を変えなくても
また痛みがないので、

今の自分を変えようとする
エネルギーも小さくなります。

日常の範囲で生きていて、
大きな問題がないわけです。

目標があるのに、
達成できないという場合、

考えられる原因は、

今、
目標を達成しなければならない
明確な「理由」がない

というものです。

また、
努力しても
達成できないという場合、

潜在意識のなかで、

この先、
今のままの現実がつづくこと
今のままの自分でいることを

許容してしまっているか、

もしくは、

自分はどうせ変われないだろう
と「あきらめ」の感情に
支配されてしまっていること

が可能性としては高いと思います。

この状況を打破していくための
効果的な質問があります。

それは、

「もし、
このままの現実が続いていくとしたら、
私はどれくらい耐えられるか?」

という質問です。

今のままの状態が
続くことへの「痛み」を
リアルに体レベルで感じるくらいまで
味わうというのがポイントです。

少し不快な感情が起こる
質問かもしれませんので、
時間のあるときに、
じっくり考えてみることを
おすすめします^^

では、素敵な1日をお過ごしください!!

 

追伸

「東洋経済オンライン」に、
金子のコラムが掲載されました。

「給料をもらう」というマインドを
「稼ぎを得る」というマインドに
切り替えることの重要性を提案しています。

=============================
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192
=============================

 

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

 

……★☆………………………………………………………………………

 

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106