『砂糖の甘い罠』

金子です。

さきほど、
健康の専門家の方と
話をしていたら、

砂糖について
ちょっと怖い話を聞いたので、
シェアしたいとおもいます。

パソコン仕事を
長時間していると、
頭が疲れますよね。

そんなとき、
甘いものが欲しくなったりします。

これは、
脳が疲労すると、
ブドウ糖を欲するから。

脳にとっての食べ物は、
ブドウ糖しかないそうです。

脳には、ブドウ糖が
運ばれる経路があって、

常に、
一定量のブドウ糖が
脳に運ばれるように
なっているみたいなんですね。

「一定量」ということなので、
それを超えてブドウ糖をとっても、
脳には運ばれることはないとのこと。

というのは、
甘いものをたくさんとっても、
脳は「もう要らないよ」と
受付ないということですよね。

だから、
パソコン仕事で、
脳が疲れたなと思ったときも、

少量の糖を取るだけでも
OKということですね。

たくさん摂取すると、
余った糖は、
脂肪に変わっていくので、
要注意です。

また、
精白された砂糖というのは、
脳の快楽中枢を
刺激するそうで、

なんと、
あのコカインと同じような
中毒性があるらしいのです。

だから甘いもの中毒に
なっているひとが多いのも
納得ですね。

ということで、
砂糖の摂りすぎには、
気をつけたいものです(>_<)

 

==

 

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■「東洋経済オンライン」に、
金子のコラムが掲載されました。

=============================
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192
=============================

 

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

 

……★☆………………………………………………………………………

 

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106