『時間管理で絶対に動かせない原則とは?』

金子です。

ここのところ
時間管理について
書いていますが、

意外と好評なようなので、
今日もこの話題で。

時間管理をする上で、
絶対に動かせない原則があります。

それは、

「時間は有限である」

ということです。

「金子さん、それって、
当たり前じゃないですか」

という反応が返ってきそうですが、

実は、
意外と多くの人が、

時間の見積もりのところで
失敗しています。

1日の計画を立てるときに、

「今日はたっぷり時間がある」

と感じるときはありません?

そして、
あれもこれもと
やりたいことを考えると。

しかし、

実際半日が過ぎたときに、

やりたいことが
どれだけできているかといえば、

1つか2つか予定をこなしていないではないか!!

ということは結構
よく起こるもの。

これは、

時間の見積もりが甘いことが
原因なわけですが、

なぜ甘くなってしまうのかというと、

「時間を有限だ」
という感覚が薄いためだと思っています。

僕は、
「1日でできることは限られている」
と考えています。

実際、僕は、
あまり要領がいいほうではないので、
1日でこなせることは
多くないんですね。

あれもこれもやりたいと思って、
結局ほとんど予定をこなせていなかった
という経験もたくさんしてきました。

だから、
1日でやるべきことを吟味します。

やたらとToDoリストを
増やすのではなく、
「減らす」わけです。

今日は絶対これをやる
というものを1つか2つに絞る。

それ以外の仕事は
どうするのかというと、
いたってシンプル。

「翌日以降に回す」んですね。

時間の見積もりを誤って、
あれもこれもと手を出してしまう原因は、

自分の能力を過信することにあると
思っているので、

「今日は調子がいいので
仕事をたくさんこなせそうだ」
などと調子に乗って、
自分の能力を過信しないようにしています。

「1日でやれることは限られている。」

そう思うようになってから、
1日のToDoリストは劇的に減りました。

そして、
1つ1つの重要な仕事に、
時間とエネルギーを集中させて
取り組めるようになりました。

「捨てる勇気」を持つと、
1日の時間管理は非常に
シンプルになります。

ぜひ試してみてください!

では、素敵な1日をお過ごしください!!

 

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■「東洋経済オンライン」に、
金子のコラムが掲載されました。

=============================
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192
=============================

 

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

 

……★☆………………………………………………………………………

 

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106