『文章論その23 自社(自分)を売り込む文章の落とし穴』

金子です。

先日、僕のコンテンツを
売り出したいという
売り込みのメールが届いたんですね。

この手の
売り込みメールは
とても多いので、
普段ならスルーを
しています。

しかし、
よくよく見直してみると、

これはこれで、
文章論ののいい教材になるかもしれない。。。

とふと思ったんですね。

というのも、
これは非常に皮肉ではありますが、
「売り込みがうまくないケース」
として、
うってつけだったからです(笑)

※書いてくださった方には
 大変恐縮ですが、
 掲載させていただきます。

こちらが
そのメールです。

まずは、
読んでみてください。

・・・・・・・

株式会社ATLUCK

代表 金子欽致 様

お世話になっております。
私、●●会社の●原と申します。

以前より、何度かセミナー協力の件で
ご連絡させて頂いている会社の者です。

【弊社事業内容のご説明】
“現在のセミナー開催で十分間に間に合っている”と
皆様口をそろえておっしゃりますが…
直接お話をしたクライアント様の約8割は
一緒にお仕事をさせて頂く結果となっております。

弊社はセミナーや講演会のトータルプロデュース事業を
展開しておりまして、初期投資ゼロで売上を2倍!にする
お手伝いをしています。

完全成果報酬型になりますので、クライアント様のご熱意次第で、
2倍以上の成果を生み出すことも可能です。

細かい事業内容に関しましては、企業秘密になりますので、
直接ご説明させて頂いております。

1度ご挨拶させて頂ければと思っております。
今週、来週のご都合はいかがでしょうか?
御連絡を頂ければ幸いでございます。
何卒、宜しくお願い致します。

ご検討の程、何卒、宜しくお願い致します。

・・・・・・

いかがですか?

「直接お話をしたクライアント様の約8割は
一緒にお仕事をさせて頂く結果となっております。」

という部分には、
自信を感じますね。

8割という数字も
影響力がある書き方です。

もし、僕が
駆け出しの起業家だったら、、、

または、

もし、この手のオファーが
初めてのメールだったなら、、、

この部分に惹かれて、
一度会ってみようと
思ったかもしれません。

しかし、

僕は、
このオファーを断りました。

しかも、
まったく迷わずに。。。

どうして僕は
このオファーを
辞退したのでしょうか??

もっと、
どんな文章だったら、
会ってもいいと
思えたのか??

次回の記事では
僕が断った理由を
お伝えします。

また、
断ったメールの文章も
公開しますね。

この文章が、
なぜ相手の心を
引き付けることが
できなかったのか・・・

もし、
あなただったら、
どんな文章を書いたでしょうか?

あなたなりに
考えてみてくださいね。

次回につづく. . .

 

■文章力を高めたい方には、
こちらの教材がオススメです。

引き付ける文章の書き方のDVD教材
⇒ http://atluck.jp/dvd_writing/

《先着20名様》には、

5月中旬に開催する、

「マグネットのように引き付ける
 文章の書き方講座」

《特別ご招待》させていただきます。

 ※本特典の期限は3/31までとなります。

 

■ブログのご感想を聴かせてください。

ご回答いただいた方には、、、

—————————————————————————-
【ワークシート】
 あなたの究極の強み(USP)をあぶり出す
 『33の魔法の質問リスト』
—————————————————————————-

をプレゼントさせていただきます。

1分ほどで回答できます。
⇒ http://77mag.net/fr/mg1a/magQ

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。