『成長は場数』

金子です。

自己満足か
お客様目線か・・・。

これによって、
ビジネスの結果は
大きく分かれます。

「お客様目線」の大切さは、
多くの方が理解されています。

ただ、
理解していることと
実行できていることとの間には
大きな差があります。

金子はこれまで1000名以上の
起業家をサポートしてきていますが、

最終的に、
この「お客様目線」というのは、

頭で理解するものではなく、

感覚的に体得するものだと
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

思うようになりました。

そして、
感覚的に体得するためには、
経験から学ぶしかありません。

「知識学習」ではなく、
「経験学習」が求められるのです。
^^^^^^^^^^^^

では、
「お客様目線」の感覚を持つために
効果的な経験学習はなにか?

まず誰でもできることがあります。

それは、
自分がお客様でお店のサービスや
接客を受ける際に、

その接客、サービスの質を
お客様の立場でチェックしてみること。

金子は、
学生時代に接客業のアルバイトを
していました。

なので、
レストランに行くと、
ウエイターさんの接客について
無意識にチェックしてしまう習慣があります。

三ツ星のレストランに行っても、
こちらが声をあげて呼ばないと
気づいてくれないというお店もあります。

いくら料理が美味しかったとしても、
接客の質が良くないと、
残念な気持ちになりますよね。

逆に、
庶民的なお店でも、
よく気がついてくれたり、
自然と話しかけてくれたりと
接客のレベルの高いお店も
少なくありません。

こうした顧客体験は、
「お客様目線」を鍛えるのには
もってこいの機会になります。

もう1つ欠かせない
経験学習があります。

それは、

・見込客と直接会う
・見込客と直接やりとりする

というものです。

もうこれに勝る
経験学習はありません^^

「セミナーは習うより慣れよ」
という記事にも書きましたが、
http://kanekoyoshitomo.com/2016/05/11/6007

不十分な状態でやることにこそ
成長の種があるんですね。

「お客様目線」の感覚を持つには、
お客様と会って、直接話してみることほど
早道はありません。

商品の価格は安くてもOK。

とにかく1人でも顧客を
獲得することなのです。

セールスして成約できなかったとしても、
その売れなかった経験から、
相当量の学びを得ることができます。

金子自身がもっとも
「お客様目線」を鍛えられたのは、

6年前にマンツーマンのコンサルの
クライアントの数が50名まで
増えたときです。

当時は朝から夜寝る直前まで
スカイプでコンサルをしていました。

1人終わって次の1人のセッションまで
1分もありません。

セッションの記録は、
セッションをしながらとっていき、
セッションが終わった瞬間には、
クライアントに送信していました。

次のセッションが始まるまでの30秒ほどで、
前回のセッション記録をたどり、
前回の課題や今回のセッションのテーマを
思い出し、セッションに臨む
ということをしていました。

こういうやり方が定着したのは、
こうしないと回らなかったからです。

この数稽古によって、
「お客様目線」が相当鍛えられました。

結局のところ、

「成長は場数」
^^^^^^^^^^^^^

そして、

「お客様目線の感覚を持ちたいなら
場数で学べ」

ということになるのだと思います。

 

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

最新特典動画:
『セミナーの効果的な受け方-5つの原則-』
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■最新のコンテンツ動画:

『セミナーの効果的な受け方-5つの原則-』
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

はもうダウンロードして
いただけましたか??

今回の、

『セミナーの効果的な受け方-5つの原則-』

では、

結果を出しているひとたちが
どういう思考でセミナーを受けているのか
という視点でまとめてみました。

そして、

セミナー受講時に気をつけるべきポイントとして、

「5つの鉄則」
^^^^^^^^^^^^^^

を紹介しています。

その5つの鉄則とは・・・

==============================
【鉄則1】「●●化」しながら聴く
==============================
【鉄則2】「●●意識」を払拭する
==============================
【鉄則3】「●●」の立場に立つ
==============================
【鉄則4】メモを取る5つのポイント
==============================
【鉄則5】「●●」を言語化して参加する
==============================

の5つです。

「これまでたくさんのセミナーを受講してきても、
自分の納得する現実になっていない・・・」

「私はひょっとしてセミナー難民かも・・・」

「同じセミナーでも結果を出すひとと
出さないひとに分かれるのはどうしてなの?」

という方にはぜひご覧いただきたい内容です。

以下のアンケートにお答えいただければ、
すぐに視聴することができます。

金子のメルマガを読んでの
ご感想を率直に聞かせてください^^

=============================
「特典コンテンツ」プレゼントフォーム:
https://goo.gl/hKdNzv
=============================

 

追伸:

ここのところ、
僕という人間について書いています。

金子の実体験や普段かんがえ、感じていることを
エッセイ風に書き上げました。

読むだけで起業家マインドが磨かれる
新感覚エッセイ:「金子という人間について」

(1)『僕という人間について(注:エッセイ仕立ての文章)』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/04/13/5865

(2)『孤独を愛しているわけではありません。』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/04/14/5868

(3)『孤独が姿を現わすとき』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/04/15/5888

(4)『起業家の仕事とはなにか?』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/04/20/5932

(5)『クリエイティビティには入口がある』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/04/21/5936

 

■金子のコラム執筆

「東洋経済オンライン」
=============================
【1】
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192

【2】
「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代
–年収300万円時代を生き抜く「マイクロ起業」–
http://toyokeizai.net/articles/-/105222

【3】
誰もが副業で幸せに稼ぐ「才能」を持っている
–「好きなこと」の中にこそ副収入のタネ–
http://toyokeizai.net/articles/-/108327

【4】
会社員が「才能」をおカネに換える方法
–まずは少額を受け取ることに慣れよ–
http://toyokeizai.net/articles/-/111079
=============================

大手出版社PHP運営「THE21 ONLINE」
================================
『なぜ大手企業は「副業」を解禁するのか?』
http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/2918
================================

 

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

 

……★☆………………………………………………………………………

 

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106

 

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。