『情報の見極め方』

金子です。

こちらの新しい弊社のサービスですが、
まずはテスト段階ということもあり、
7/24で募集を一時的に終了いたします。

 
資料作成が苦手なセミナー講師の方は、
一度チェックしてみてくださいね^^

 
パワポが苦手なセミナー講師のための
【セミナー資料ラクラク作成サービス】

・【10社限定】50%オフの特別価格
・3ヶ月無償アフターフォロー付き
・7/24までの期間限定オファー(残り2日)

↓詳細はこちら
http://atluck.jp/siryosakusei.pdf

 
ここのところ、
健康の話や
安保法案の話など、

情報リテラシーがらみの
ネタを書いていたら、

Rynnさんから
こんなご質問を
いただきました。
・・・・・・

いろんな情報が飛び交う中で、どのような情報を集め、その中から何を抽出して活かすか?

ふるいの掛け方や、情報の真偽の見分け方を模索しています。

ものすごく抽象的なテーマで申し訳ないですが、何かヒントでもいただけたら大変助かります。

よろしくお願いいたします。

・・・・・・

 

最近、僕自身が情報の真偽を
どう見極めるかについて考えていたところだったので、
この機会に、ちょっと考察してみようかなと思います。

まず、
情報の真偽は、
きっとわからないだろうと
僕は思っています。

 
情報自体がほんとうかどうかは、
実はわからないと思うんですね。

情報というのは、
1次情報、2次情報、3次情報、、、

と大元の情報から、
人やメディアを介して、

加工に加工を重ねられて、
僕たちのものへと伝わってきます。

加工されるごとに、

もともとの情報に

そのひとの主観によって、

編集されてしまいます。

 

 

場合によっては、

主観だけでなく、

そのひとの「「価値観」や
「意図」が入ってきます。

 
なので、
金子は、
ネット上で落ちている
2次、3次の情報を
うのみにしないようにしています。

グルテンにしても、
体に悪いという情報を
キャッチしても、

すぐにはそれを信じず、

他の媒体で、
グルテン自体、
どういうもので、

どういう働きを持っていて、

これまでの研究の結果には
どんなものがあるのか?

などを、調べるようにしています。

昨日、
知り合いから
ベジタリアン生活の危険性についての
記事を教えていただいたんですが、
なんでも、

「リーキーガット症候群」という、
腸の粘膜に穴が開いてしまう症状があるそうで、

ベジタリアンや肉を食べない主義や
果物主義によって、
引き起こされる可能性が高いということが
わかってきているそうです。

 
この情報も、
すぐにはうのみにせず、

「リーガーット症候群」
についてはリサーチ対象として、
これからいろいろな媒体で
調べていこうと思っています。

ということで、

情報は多角的に、
いろいろなソースやメディアを
たどって、
検証していく必要があると思っています^^

 
ということで、
今日は情報の見極め方のお話でした。

 
役に立ったという方は、
ぜひご感想もお寄せくださいね^^

⇒ https://goo.gl/BuEyFO

 
今日も暑い1日となりそうですが、
どうか素晴らしい1日をお過ごしください(‘-^*)/

 

 

■今日のブログのご感想をお聴かせください。

⇒ https://goo.gl/BuEyFO

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。