『告白「過ちは繰り返しませぬから」を誤解していました。』

金子です。

 
ミスチルの「蒼」を
聞きながらこのブログを書いています。

 
この「蒼」は、
アルバム「SENSE」に収録されている曲ですが、
友人に教えてもらうまで知りませんでした。

 
ほんとうにいい曲なので、
ヘビーローテーションしてます^^

 

 

さて、

 

今日8月6日は、
広島に原子爆弾が落とされた日です。

原爆は、なぜ日本に
落とされたのでしょぅか?

 
日本がアジア諸国を侵略し、
連合国に盾を突いたから?

 
日本が悪いことをしたから、
落として当然だった??

過去の戦争が、
侵略戦争だったのか、
自衛戦争だったのか、
今となっては公平に判断することは
できないのかもしれません。

 
もし、仮に、
侵略戦争だったとして、

その償いとして、
膨大な数の尊い命が一瞬にして
犠牲となった原爆投下は、
許されるものなのか・・・

広島の平和記念公園の
中央にある石碑には、

「安らかにお眠りください。
 過ちはもう繰り返しませぬから」

と書かれています。

ここでいう過ちを犯したのは、
いったい「誰」のことなのか?

この議論は、
この石碑が作られてから、
長くおこなわれてきたそうです。

文面からすると、

「日本」はもう戦争という
過ちを犯しません・・・

ととることもできます。

そのため、

「過ちを犯したのは、
原爆を落としたアメリカだ!」

と反応するひとも多くいたと。。。
実は、僕もそのひとりでした。

 
初めてこの石碑の碑文を読んだとき、

怒りが湧き上がりました。

 
どうして、日本が悪者になるんだ・・・
こんな石碑があったら、
いつまで経っても、
日本人の戦罪意識がなくならないじゃないか・・・

 
と。

ただ、
実はそれは大きな誤解だったんです。

 
wikipediaに、
わかりやすい解説が載っています。

 
――――――――――――
時の市長山田節男は

「再びヒロシマを繰返すな
という悲願は人類のものである。

主語は『世界人類』であり、
碑文は人類全体に対する警告・戒めである」

という見解を示した。

この見解が出されて以降、
碑文の意図するところは、

「日本」「アメリカ」といった
特定の国の枠を超えて、

全ての人間が再び核戦争を
しないことを誓うためのものである、

とする解釈が公式見解となった。
――――――――――――

 
主語は、
日本ではなかったのです。

国境を越えた
世界人類すべてが、

このヒロシマを二度と繰り返さないことを
誓ったものだったんですね。

 
こんなに大切なことを、
知っているひとは、
だんだんと少なくなってきているし
これからもっと少なくなっていくのでしょう。

隠された真実を見極め、
後世へ継承すること
自国の誇りを守るためには、
「伝え続ける」ことが
なによりも大切だなと僕は思います。

知ったひとが、
「発信者」となって、

家族や友人や
大切なひとたちに伝えること。
拙い言葉だっていいのです。

1人1人が「発信者」となっていけば
日本のいいところを
こどもたちに残していくことができると思います。

 
僕は日本が大好きです。

歴史を知れば知るほど、
日本が好きになります。

愛国心が強くなります。

 
ただ、
右翼でも左翼でもありません。

 
そして、
右翼も左翼も僕は否定はしません。

 
どちらも日本のことを想う気持ちは
いっしょだと思うからです。

 
大事なことは、
お互いの主張を理解し合おうとする
姿勢だと思います。

 
いがみあったり、
ヘイトスピーチをしたり、
憎しみあったり、、、

そこからはなにも生まれない。。。

間違った情報に翻弄され、
意図的に構築された構造のなかで
対立をよぎなくされる。。。

 
今の世界は、
ごく少数のひとたちによって、
動かされている。。。

 
実態はつかめない。

 
ただ、
パズルのピースが増えていくごとに、
絵がだんだんと立ち現れてくるように、

情報の断片を集めていくと、
見えてくる世界がある。
驚愕や衝撃も多い。

 
でも、不思議なことに、
知ることで、
生きる力が湧き上がってくる。

真実はきっと永遠に
わからないのかもしれない。
たどりついた真実すらも、
擬態かもしれないから。

 
それでも、
真実はなにかを
これからもずっと追求していきたい。

 
知ったことを、
発信者となって
周囲に伝えられる人間でありたい。

マスメディアの報道や
学校教育では伝えられなくなってしまった、
日本の素晴らしさを
1人でも多くのひとに伝え続けたい。

 

 

■今日のブログのご感想をお聴かせください。

⇒ https://goo.gl/BuEyFO

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。