『ポジショニングの鉄則とは』

金子です。

起業の準備をしていた頃のことです。

雀の涙ほどの退職金も、
ハワイに2ヶ月ほど滞在して
使い切ってしまっていました。

マックに行くことも
躊躇してしまうくらい
当時はどん底でした。

お金もないなかで
図書館に毎日通って、
マーケティングや
コピーライティングや
ビジネス書を
片っ端から読んでいた時代です。

あれほど本を
読んだことは
なかったなと思いますね。

あのときは、
闇雲に選んでいたのですが、
そのとき読んだ本は、
のちのち役に立っているから
不思議です。

そして、
セミナー集客コンサルタント
という方向性も
まだ決めていませんでした。

セミナー集客については
自信がありました。

会社員時代に、
コーチ仲間を対象とした
身内の勉強会を企画し、
集客していましたが、

毎回20名、30名と
ひとが集まってくれて
いたのです。

しかし、
コンサルをするまでの
自信と確信が
持てずにいたんですね。

とはいえ、
「集客コンサル」の
他にもう選択肢が
なかったわけです。

そこで、
「集客」という
キーワードを検索して、
徹底的にリサーチを
することにしました。

なにしろ時間だけは
ありましたから、
1日中どっぷりやりました(>_<)

それこそ、
10ページ目くらいは
くまなく見たんじゃないかなと。。

確かに膨大な量ですが、
1日あれば見尽くせます。

リサーチをやって
気がついたことは、
トップに表示されるサイトの
なかには、

「これはちょっと敵わないな・・・」
というサイトが多いんですね。

ただ、
2ページ目くらいからは、
「本気でやれば勝てる!」
と思えるサイトが増えていきます^^;

そして、
「集客」というキーワードだと
強敵も多いので、

「セミナー 集客」
と絞ってみたんですね。

そうすると、
一気にライバルが
いなくなってしまったのです。

トップページにも、
勝てると思えるサイトが
多くなってきます。

手ごわいサイトも、
ターゲットが法人だったり、
士業や保険セールス向けだったりと、

自分が対象としている
ターゲットではないところが
ほとんどだったのです。

「集客」というカテゴリーは
競合が多かったのですが、

「セミナー集客」というカテゴリー
にすることで、

類似する競合が多少残るくらいに
なったんですね。

さらに、
コーチやセラピスト、カウンセラーなどの
個人事業主にターゲットを絞り込むことで、
差別化ができると仮説を立てたのです。

また、
男性目線のコンサルばかりだったので、
「女性が近寄りやすいコンサル」という
路線で行くことも決めました。

ポジショニングというのは、
市場選定のことを言いますが、

テーマやターゲットを
いろんな角度から絞り込んでいくと、

ちょうどいいサイズの
マーケットが見えてくるんですね。

マーケットを絞り込むときに
悩ましいのが、
「どこまで絞り込めばいいか」
という点です。

絞り込みすぎると、
見込客も少なくなってしまいます。

絞り込みが甘いと、
今度は競合も増えすぎてしまう。

ではどうするのがいいか。

見極めのポイントは
とても単純です。

1つは、
そもそも競合がいるかどうか、です。

競合がいなければ
そこにはお客様もいないと考えていい。

例えば、
広告がまったく出てなければ、
そこにはマーケットがないんですね。

あとは、
実績が0からのスタートの場合、
競合の数が多すぎると、
差別化が難しくなります。

そこで、
テーマを絞ったり、
ターゲットを絞ったりを
していきながら、
マーケットのサイズを小さくしていきます。

類似した競合が残ったくらいが
マーケットのサイズとしては
ちょうどよいサイズです。

このポジションでいいのかどうかは
実際にやっていくなかで
確かめるしかないですね。

正解はありません。

まずは試してみるということです。

反応がなかったら、
なかったでそのとき考えればいいんですね。

ビジネスは壮大な実験場です。

10回やって1回当たる
くらいの実験をしていると
思えばいい。

僕はそれくらいのほうが
精神衛生上、ストレスなく
やっていけるとおもっています。

テスト、テスト、テスト!

起業とは、
これに尽きますね^^

 

==

 

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■「東洋経済オンライン」に、
金子のコラムが掲載されました。

=============================
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192

「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代
-年収300万円時代を生き抜く「マイクロ起業」-
http://toyokeizai.net/articles/-/105222
=============================

 

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

 

……★☆………………………………………………………………………

 

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106

 

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。