『フランス人のすごいところ』

金子です。
メルマガ読者さんから
嬉しいご感想をいただきました^^

 
========
金子さま

いつもメルマガを拝読させて頂いております。

私は、ビジネスにそこまで気持ちが向いてはいないのですが、
金子さまの生き方には勇気を感じるだけでなく、
哲学、思想をとても感じ、

特にメルマガをバージョンアップさせてからは、
読み応えが全くレベルアップし、
本当に毎日が楽しみです。

今は休暇中でハンガリーにいるのですが、
そこでセルフイメージの話が聞けるというのは、

東京にいる時とは、
言葉の響き方が違うなと思いました。

恐らく様々な縛りが解かれ、
身体も心もある程度解放されてるからかもしれません。

とてもわかりやすい内容なんですが、
かなり大切な事を伝えられてると感じました。

私もこれから、やるべき事をやり、
知らぬ間にセルフイメージが上がっていた…

そんな日々を過ごせるように更に意識を継続していき
たいと思います。

これからも、引き続きメルマガ読ませて頂きます。

応援しております。

ありがとうございます。

(KM)
========

こういうご感想をいただくと
なによりの励みになりますね。

KMさん、
ありがとうございます^^

 
それにしても、
ハンガリーで休暇とは、
素敵ですね^^

学生時代、
東欧諸国を
バックパックで
回ったことがあるんですが、

ハンガリーの首都ブダペストも
訪れました。

 
ブダペストには中世の街並みが
まだたくさん残っていて、
その光景の美しさに
感動したことを覚えています。

 
学生時代だったので、
毎日ユースホステルに泊まり、
食費を500円以内に抑えるくらいの
極貧旅行でしたが、、、^^;

思い返せば、
学生の頃は、
よくお金をためて、
バックパックで
世界を旅したものです。

東欧以外にも、
西ヨーロッパや
中南米も回りました。

 
そのなかでも
キューバや、
ペルーは、
ほんと刺激的でしたね^^

当時は、
インターネットがまだ普及し
始めたばかりで、

今のように
スマホでネット検索なんて
ありませんでした。
なので、

常に時刻表を
持ち歩いていたんですね。

 
当時は、
現地に着いてから、
宿泊先を探したり、
列車の切符を買ったり
していたので、

移動のたびに、
その時刻表で
乗り継ぎ時間を
調べていました。

 
そのせいもあって、
旅行が終わると、
時刻表も手垢がつくほど
ボロボロになるんですね。

なんだか書きながら
懐かしさでいっぱいになりました( ̄▽+ ̄*)

またバックパックのような
気ままな旅行をしてみたいですね^^

今、クライアントさんが
パリに住んでいるんですが、
彼女がこんな話をしてくれました。

フランス人は、
バカンスが大好きで、
家族で長期間、
避暑地や海外に行く
というのは有名な話ですよね。

 
それで、
バカンスから戻ってくると、
友人たちと食卓を囲って、
ワインを飲みながら、

お互いにバカンスの話を
するそうなんですね。

 
まあ、
わかりやすくいうと、
自慢話です^^;

僕はこの話を聞いて、

ああ、バカンスも
楽しんでるけど、

友人たちとバカンスの話を
肴(さかな)にしながら、
ワインと食事を楽しんでいるんだ

と思いました。

 
フランス人は、
人生を楽しんで
いるんですね。
それも本気で。。。

なんのために
生きているのかと
聞かれたら、
こう答えるかもしれないですね。

 
「そんなの決まってるじゃないか。
人生を楽しむためさ。」

って。

 
お金は取り戻せるが、
時間は取り戻せない。

この言葉の持つ意味は
ほんとうに意義深いなと
つくづくおもいますよね。

 
自分の時間(いのち)を
なにに使うのか。

それが、
志命だとよく言われます。

だけど、
自分の人生を犠牲に
しなければならない
なんて誰も言ってないんですよね。

自分の人生をおもいっきり
エンジョイしながら、
志命を全うする生き方。

僕はそんな生き方を
していきたいと思っています。

 
読者のみなさんは
どんな生き方をしたいですか??

 

 

■今日のブログのご感想をお聴かせください。

⇒ https://goo.gl/BuEyFO

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。