『パラレルワーカーという働き方』

金子です。

昨日のつづきで、
「パラレルワーク」
「複業」
について深堀してみようかなと。

これからの時代、
そう遠くはない将来、

きっと会社という組織は
残っていても、

正社員が半数以下の
会社のほうが多くなるのかもしれない。

自立して稼げるようになった
個人が増えていくと、

個人がどこで仕事をするかを
選ぶ時代になる。

自分がやりたい仕事は
どこにいけばあるのかを探し、
そこにオファーをする。

魅力ある仕事を
していない組織に
ひとは集まらなくなる。。。

個人もスキルがなければ、
自分のやりたい仕事に
つくことができない。

1つの組織に
勤めるという概念ではなく、

今のプロジェクトは、
この会社で、

次のプロジェクトは、
別の会社で、

とプロジェクト単位で
組織を移動していく。

もしくは、
1つの会社だけでなく、
複数の会社に所属する。

複数のプロジェクトを
複数の会社にまたがって
同時に進めていく。

休みたくなったら、
1ヶ月のバケーションをとる。

仕事をしたくなったら
また仕事をする。

好きなときに、
好きな場所で、
好きな仕事を、
好きなひととする。

すべてを
自分で選ぶ。

もちろん
リスクもある。

仕事が
見つからなければ
収入も止まる。

給料という安定収入を
保証するものもなくなる。

そのかわり、
自分の働き方
働く場所
働くタイミング
働くひとを
自分で選ぶことができる。

収入が不安定になりうる
というリスクはあるが、
仕事における選択の自由度が増える。

それが
「パラレルワーク」の魅力。

会社に勤めていても、
自分個人でも複数の事業を持つ。

こうしたパラレルワーカーや
複業家は今後どんどん
増えていくにちがいない。

組織に依存しない
自立した個人が
経済を支えていく。

そんな時代が
近い将来来る。

そんな予測をしています。

僕がやりたいのは、
個が活躍する
プラットフォームを作る。

個が自立のための武器と環境を
提供する。

これに尽きます。

変化に富む未来を
自由自在に振る舞える
パラレルワーカーを
1人でも多く増やしていきたいと
思います。

それでは、
素敵な1日を!!

 

==

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■「東洋経済オンライン」に、
金子のコラムが掲載されました。

=============================
【1】
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192

【2】
「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代
–年収300万円時代を生き抜く「マイクロ起業」–
http://toyokeizai.net/articles/-/105222

【3】
誰もが副業で幸せに稼ぐ「才能」を持っている
–「好きなこと」の中にこそ副収入のタネ–
http://toyokeizai.net/articles/-/108327
=============================

 

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

……★☆………………………………………………………………………

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106