『セルフイメージがなかなか変わらず焦ったときはどうすればいい??』

金子です。

ここのところセルフイメージについて
書いてきていますが、
多くの方からご質問を
いただいております。
今日から数回にわたって
ご質問にお答えしていこうとおもいます。
本日のご質問はこちらです。
↓ここから

セルフイメージの重要性と、その変革の必要性を実感していますが、なかなか変えることができません。
色々な方法を試して変わったように感じても、数日すると元に戻り、やっぱり変えることができないんだとそういうセルフイメージが強化されてしまいます。
「セルフイメージを変えることができない」というセルフイメージを変えるためにはどうしたらいいでしょう。

(Uさまより)

↑ここまで

セルフイメージがなかなか書き換えられず、

「やっぱり変わらないんだ」
という思考が強化されてしまう・・・・

ということですよね。

これは、

Uさんに限らず、

同じ悩みを持っている方は
多いかもしれません。

そもそもの話になりますが、

セルフイメージ
というのは、

「3日で短期集中で変えるそ!」
と思っても、

すぐに変わっていくものでは
ありません。
人間の習慣形成には、
最低3週間はかかると
言われています。

完全に定着するには、
3ヶ月はかかるでしょう。
肌の細胞も、
28日周期と言われていますね。

骨の細胞となると、
約3ヶ月かけて生まれ変わるそうです。
これと同じように、

====================
セルフイメージも
変化を「し始める」までに、
「最低3週間」はかかる
====================

と考えておくといいかとおもいます。

また、

======================
「完全に定着した」と
感じられるようになるまでには、
3ヶ月から6ヶ月はかかる
======================

くらいの気持ちでいるといいでしょう。

ということで、

セルフイメージが
なかなか変わらず、

焦ってしまうようなときのポイントは、

「気長に待つ」

これに尽きますね。

よくよく考えれば、

わたしたちの
セルフイメージというのは、

物心が付いたころから
地層のように時間をかけて
定着してきているものなんです。
40年生きているひとなら、
35年以上かけて
今のセルフイメージを
形成してきているわけですね。
その歴史ある
セルフイメージを書き換えていこうと
するのだから、

突貫工事のような
焦り仕事では、
変わっていくはずがありませんね。
コツは、
脳をだましだまし、
ちょっとずつセルフイメージを
書き換えていくこと。
脳には、
「可塑性(かそせい)」
といって、
少しだけ変化を受け入れる性質があります。
粘土に指を入れたときに、
「へっこみ」ができますが、

脳も、ちょっとずつなら
変化をしてくれるんですね。
そして、もう1つ、
「安定化志向」
という性質があります。
これは脳が
安定を望む性質です。
一度受け入れた変化を、
安定させたいというわけです。
ですから、
セルフイメージも、

「ちょっとずつ書き換える」

これを何度も繰り返す。
そうすると、
その変化を受け入れて、

しばらくすると、
定着、安定していくんですね。

ということで、

セルフイメージを変えていく
というのは、

3ヶ月くらいの
プロジェクトだと思って、

気長に取り組んでいきましょう^^

・・・・・・
夏が終わり、
秋が到来・・・

暖かな1日も
ありますが、

朝晩は、
秋らしい涼しさが
訪れていますね。
過ごしやすい
季節だなと思いつつも、
1つだけ悩みが・・・

実は、
秋になってから、
鼻水がずるずると
出てくるようになっているんです。
花粉症という
説が濃厚なんですが、
認めたくないんですよね・・・
今年の秋の花粉症は
強力らしく、

鼻水が止まらないひとが
増えているようです。
自分もその1人ですが、
なんとも不快です(>_<)
なにかよい対処法は
ないものですかね・・・・

では、
*NAME*さんも
素敵な1日をお過ごしください!!

■今日のブログのご感想をお聴かせください。

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

⇒ https://goo.gl/mtdN67

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。