『セミナーコンテンツ作成の2つの鉄則』

こんにちは。
金子です。

ここのところ、
【セミナービジネスの構築方法】について連載しています。

1)『なぜ稼いでいる人はセミナービジネスをやっているのか?』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/05/6136

2)『セミナービジネスが高額商品を売るのに有効な理由』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/06/6139

3)『「権威性」を味方につければ高額商品が自然に売れます』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/07/6153

4)『セミナービジネスの2つの鉄則』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/08/6157

5)『30代のOLが退職して半年後に135万円を売り上げた事例』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/12/6160

6)『救命病棟勤務の看護師が副業で10ヶ月後に450万円達成』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/13/6166

7)『セミナービジネスを構築していく7つのステップ』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/14/6170

8)『高額バックエンド商品には4つのタイプがある。』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/15/6174

9)『セミナーの値付けはこう考える』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/19/6178

10)『セミナーのタイトル次第で集客の8割が決まる理由』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/20/6180

11)『セミナーの『会場選び』次第で成約率が変わる!?』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/21/6184

12)『セミナー告知文はこの3つの順番ですらすら書けてしまいます。』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/22/6204

13)『集客はこの3つのステップが原則です。』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/25/6208

14)『メルマガ集客は「いきなりセミナーを告知しない」が鉄則!』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/26/6221

15)『結果を出すひとたちが例外なく持っている集客マインドとは?』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/27/6235

16)『キャンセル防止のためのとっておきの方法』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/07/28/6240

 

今日も、

セミナービジネスを構築していくステップ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

についてポイントを解説していきます。

セミナービジネスは大きくわけると
以下の7つのステップで
構築していくことができます。

【STEP 1】ビジネスモデル構築

【STEP 2】セミナー企画

【STEP 3】会場手配

【STEP 4】セミナー集客

【STEP 5】受講管理

【STEP 6】コンテンツ作成&リハーサル

【STEP 7】セミナー開催&クロージング

 

今日は、

【STEP 6】コンテンツ作成&リハーサル
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

についてお話していきます。

セミナーの集客がひと段落して、
セミナーの開催が近づいてきたら、
いよいよここでセミナーの
コンテンツを作っていきます。

ここで、

「え?セミナーのコンテンツを作ってから、
セミナーの集客を始めるんじゃないの?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

その順番でも問題はありません。

ただ、この順番だと、
セミナーのコンテンツができあがるまで、

いっこうにセミナー開催日を
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
決められない
^^^^^^^^^^^^

ということになります。

ですから、

======================
1)セミナーの方向性が決まったら、
告知文を書いて、
集客をスタートさせる

2)セミナー開催日が近づいたら、
セミナーのコンテンツを
作り始める
======================

という順番をお勧めします。

それでは、
セミナーのコンテンツを
作る際のポイントを2つ紹介しますね。

―――――――――――――――
コンテンツ作成の【ポイント1】
―――――――――――――――

は、

「セミナーのゴールを設定する」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

受講者の満足を目指すことも大事ですが、
セミナービジネスにおけるセミナーの目的は、
あくまでもバックエンド商品を販売すること。

ですから、セミナーのゴールも当然、

バックエンド商品を成約する
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

というところをゴールにしましょう。

セミナーの流れもこのゴールから
逆算して設計していく必要があります。

大きく分けると、
セミナーは2つのパートで構成されます。

まずは、
ノウハウを伝える
「ノウハウパート」です。

次に、
バックエンド商品を販売する
「セールスパート」です。

つまり、
セミナーの流れは次のようになります。

1)ノウハウパート

2)セールスパート

3)バックエンド成約 ※ゴール達成

ここで重要になってくるのが、
それぞれのパートをどれくらいの割合で
構成するのか?ということです。

ということで、

―――――――――――――――
コンテンツ作成の【ポイント2】
―――――――――――――――

は、

「ノウハウパート」と
「セールスパート」の「時間配分」

です。

例えば、
あなたが2時間のセミナーを開催する場合、

「ノウハウパート」「セールスパート」

それぞれどれくらいの時間を配分しますか?

多くのセミナー主催者は、
「セールスパート」にあまり時間を
かけていません。

5分もかけていないという方のほうが
多いかもしれません。

セミナーで高額商品が売れない、
高額クライアントが獲得できない、
という方は多いですが、

そのほとんどが、

=====================
「セールスパート」の時間が
圧倒的に不足していること
=====================

が原因です。

では、
「ノウハウパート」「セールスパート」
どれくらいの時間で配分をしたらよいのか?

私がお勧めしているのは、

====================
「ノウハウパート」⇒90分
「セールスパート」⇒30分
====================

という割合です。

「セールスパート」が
「30分」と聞いて、
びっくりするかもしれませんが、
これくらいたっぷりと
時間を確保しておいたほうが
バックエンド商品の成約率は高くなります。

では、
どうして30分も必要なのか?

まず、
「ノウハウパート」を90分と
見積もっていますが、
実際セミナーをやってみると、
90分に収まらず伸びてしまうことが
多々あります。

初めてのセミナーなら、
緊張するということもありますし、
コンテンツを詰め込み過ぎて
しまいがちになることが多いから
なおさらです。

ですから、
「セールスパート」の30分のうち
10分くらいはそのずれを修正する
「予備の時間」として見積もっています。

そして、
バックエンド商品をしっかり
順を追って説明していったら、
どれだけポイントを絞っても
5分から10分はかかるはずです。

ちなみに、
バックエンド商品については、
簡単な概要を紹介したチラシを
作成しておきましょう。

口頭で説明しても、
受講者はすぐに忘れてしまいます。

そして、

・質疑応答の時間をとって5分

・申し込むかどうかを検討するための
「シンキングタイム」が5分から10分

これらを積み上げていった場合、

やはり「30分」は見ておくと

安心ですね。

ということで、

セミナーの時間配分は、

====================
「ノウハウパート」⇒90分
「セールスパート」⇒30分
====================

が鉄則です。

 

次回につづく・・・・

 

===

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

動画:
『セミナーの効果的な受け方-5つの原則-』
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

===

■「集客ノウハウ」をもっと知りたい方は
金子の公式ブログに過去5年間の
ノウハウをずらりとまとめています。

http://kanekoyoshitomo.com/

===

■金子のコラム執筆

「東洋経済オンライン」
=============================
【1】「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192

【2】「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代
–年収300万円時代を生き抜く「マイクロ起業」–
http://toyokeizai.net/articles/-/105222

【3】誰もが副業で幸せに稼ぐ「才能」を持っている
–「好きなこと」の中にこそ副収入のタネ–
http://toyokeizai.net/articles/-/108327

【4】会社員が「才能」をおカネに換える方法
–まずは少額を受け取ることに慣れよ–
http://toyokeizai.net/articles/-/111079
=============================

大手出版社PHP運営「THE21 ONLINE」
================================
『なぜ大手企業は「副業」を解禁するのか?』
http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/2918
================================

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

……★☆………………………………………………………………………

■金子の2冊目の本

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

■金子の1冊目の本

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106

 

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。