『コンテンツ洗い出す方法』

金子です。

ハウステンボスに
「変なホテル」ができるという
ニュースを見ました。

詳しくはあとがきで。。。

・・・・・

前回の記事のつづきです。

商品づくりを
始めるときに
欠かせないのが
お客様のリアルな悩みを
把握すること。

そのためには、
インターネットの
コラムサイトや
お悩みサイトで
「悩み検索」を
 することが有効
だということを
理解したMさん。

いよいよここから
商品づくりに
とりかかることに
なります。

※前回の記事:
『お客様の悩みをネットで調べる方法』
http://goo.gl/LxlNWX

・・・・

金子:

「お客様の悩みを
 リサーチしてみて
 どうでしたか?」

Mさん:

「30人くらいの
 お悩みを読んで
 みたんですが、

 お客様がなにに
 悩んでいるのか
 リアルにイメージ
 できるように
 なりました。」

金子:

「もし、
 このリサーチを
 やっていなかったら、
 どうなるとおもいます?」

Mさん:

「お客様のニーズと
 ずれた商品を
 作ってしまうかも
 しれないですね・・・」

金子:

「そうなんだ。

 お客様のことを
 どれだけ理解しているかが、
 ビジネスの基本だからね。

 では、
 商品づくりに
 入っていこうか。」

Mさん:

「はい!」

金子:

「商品づくりを
 するうえで、
 まずやることは、
 『コンテンツの棚卸』
 ですね。」

Mさん:

「『コンテンツの棚卸』
  ですか?」

金子:

「そう。

 まずは、
 Mさんの
 コンテンツを
 洗い出すんだ。」

Mさん:

「私のコンテンツを
 洗い出す・・・

 どうやって
 洗い出したら
 いいですか?」

金子:

「Mさんが今の仕事で
 お客様に対して
 やっていることや
 ノウハウとして発信
 できることについて
 全部洗い出すんだ。

 方法はひとそれぞれ
 合ったやり方で
 やればOK。

 ひとによっては、
 マインドマップで
 洗い出すひとも
 いるだろうし、

 単純に、
 箇条書きで
 洗い出してもいい。

 ポストイットや
 単語帳に
 書き出していくのも
 いいと思う。」

Mさん:

「なるほど!

 コンテンツの洗い出しを
 早速やってみます!!

 なにか注意点は
 ありますか?」

金子:

「1つは、
 とにかく出し尽くすこと

 途中でこれできないかも・・・
 と中断してしまったり、
 深く考え込んでしまうと、
 出しきれなくなるからね。」

Mさん:

「はい。わかりました。」

金子:

「あとは、
 自分ができること

 話せることを書き上げたら、
 今度は、お客様視点
 考えるといいよ。」

Mさん:

「お客様視点ですか?
 具体的には??」

金子:

Mさんが想定している
 お客様が悩んでいること
 困っていること、
 知りたいと思っていることを
 リストアップしていくんだ。

 そのあとで、
 そのリストの1つ1つに対して、
 Mさんがどんなコンテンツを
 提供できるかを対応させて
 書いていくんだ。

 わかる?」

Mさん:

「はい!
 お客様視点で洗い出してみます。」

金子:

「コンテンツの洗い出しが
 終わったところで、
 また持ってきて
 もらってもいいかな?」

Mさん:

「はい!」

こうしてMさんは、
コンテンツの洗い出しに
取り組み始めました。

次号につづく…

 

あとがき:

ハウステンボスが
「変なホテル」をつくるということが
話題になっていますね。

なんでも、
ロボットが
サービスをするホテルだそうです^^

澤田社長は、
高級だけど、低コスト
というのを売りにして
世界に向けて展開していくと
意気込んでいるみたいですね。

来月から予約開始ということでですが、
おもしろいコンセプトのホテルなので、
きっと予約が殺到するんだろうなと
おもいます。

僕も行ってみたいですね^^

 

 

■ブログのご感想を聴かせてください。

ご回答いただいた方には、、、

—————————————————————————-
【ワークシート】
 あなたの究極の強み(USP)をあぶり出す
 『33の魔法の質問リスト』
—————————————————————————-

をプレゼントさせていただきます。

1分ほどで回答できます。
⇒ http://77mag.net/fr/mg1a/magQ

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。