『コンテンツ商品の期間を決めるには?』

金子です。

「ジョーカー・ゲーム」
最高でした。

つづきはあとがきで。。。

・・・・・

前回の記事のつづきです。

コンテンツ設計の
大原則は、

・ゴール地点の設定
・ゴール地点までの
 ステップを書き出す

ということでした。

Mさんも
ステップを書き出して
いくことに。。。

※前回の記事:
http://goo.gl/rI10jy

・・・・

金子:

「Mさん、
 ステップは書き出せた?」

Mさん:

「はい!
 大きく分けると
 3つのステップに
 整理できました^^」

金子:

「おお、いいね~
 どんなステップになったの?」

Mさん:

「まず最初のステップで、
 これまでの恋愛パターンを分析します。

 次に、その人の負けパターンを
 もたらしている心理的な癖を分析します。

 最後に、その人に合ったオリジナル
 婚活レシピを処方して、実践してもらう。

 この3つのステップです。」

金子:

「具体的でいいですね!!」

Mさん:

「ありがとうございます!

 それで、このあとは
 どうしたらいいのでしょうか?」

金子:

「次は、
 それぞれのステップの期間
 決めていくといいよ。

 1つのステップごとに、
 だいたいどれくらいの
 期間が必要かな?」

Mさん:

「そうですね、、、
 
 月に2回会って、
 90分のセッションを
 行っていくとして、、、
 
 1ヶ月あるといいですかね。」

金子:

「じゃあ、
 3つのステップだから、
 トータルで3ヶ月だね。」

Mさん:

「はい。」

金子:

「これでMさんの
 3ヶ月のパッケージ商品が
 できたわけだ。」

Mさん:

「そうですね!!

 商品づくりも、
 これまでだったら、
 なにから手をつけていいか、

 雲をつかむような感じ
 だったんですが、

 こうやって順番に作っていくと、
 難しくないんですね!!

 考えていた以上に、
 スムーズに作れちゃいました^^」

金子:

「そうそう、
 コンテンツ商品を作ろるときに、

 みんな難しく考えて
 しまうんだけど、

 Mさんがやったような
 順番でやっていけば、
 思ったより難しくないはずなんだ。」

Mさん:

「ほんとうに、
 そうですね^^」

金子:

「これで、
 商品の大枠は
 つくれたんだけど、
 
 このままだと、
 商品のUSPが、
 際立ってない状態なんだ。」

Mさん:

「商品のUSP、、、ですか?」

金子:

「そう。
 Mさんが今回考えた
 商品には、

 まだまだ類似商品が
 たくさんある状態
 だっていうことは
 わかる?」

Mさん:

「ライバルがいる
 ということですか?」

金子:

「そう。

 ライバルが多いということは、
 つまり、見込客から見ると、

 ほかの類似商品との
 違いがよくわからない
 商品に写っている
 ということなんだ。」

Mさん:

「そうですね。。。

 いつも金子さんが
 言っていることですね・・・」

金子:

ここでもう一度、
 ライバル商品の
 リサーチ
 しておくといいよ。

 似たようなコンテンツの
 競合がいたら、
 そのひととの違いを
 なにかしら付け加えるか、

 場合によっては、
 商品のステップ化を
 やり直して、
 コンテンツの見直しを
 することも必要に
 なってくるかもね。」

Mさん:

「わかりました。
 類似商品のリサーチを
 やってみます!」

金子:

「うん、
 そのうえで、
 Mさんの商品のUSPを
 どこに持ってくるか、
 どこを打ち出すかを
 決めるといいよ。」

Mさん:

「はい!!」

こうしてMさんは、
再び競合商品の
リサーチをすることに
なりました。

次号につづく…

 

 

あとがき:

昨日、
TOHOシネマズの
映画デーだったこともあり、

気になっていた
「ジョーカー・ゲーム」を
観てきました。

原作はまだ読んでいる途中
だったのですが、
抑えきれませんでした(>_<)

原作がベストセラーの映画
というのは、
そこまで面白くなかった経験が
多かったので、

そこまで期待は
していなかったのですが、
めっちゃ面白かったです!!

亀梨くんの
スパイ役が、
男性から見ても、
スタイリッシュで
かっこよかった~~(>_<)

私、
今回の映画で、
亀梨くんの大ファンに
なりましたよ!

伊勢谷友介も
渋かくてよかったし、

ストーリーの鍵を握る
深田恭子の演技も
引き込まれましたね。

映画が面白かったので、
原作も早速読んでみようと
おもいます!!

今上映中の映画は、

ケビン・コスナー主演の
「ドラフトゲーム」、

そして、
「アニー」と面白そうな
作品が目白押しですね~。

もちろん、
全部観ちゃいますよ~~^^

 

 

■ブログのご感想を聴かせてください。

ご回答いただいた方には、、、

—————————————————————————-
【ワークシート】
 あなたの究極の強み(USP)をあぶり出す
 『33の魔法の質問リスト』
—————————————————————————-

をプレゼントさせていただきます。

1分ほどで回答できます。
⇒ http://77mag.net/fr/mg1a/magQ

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致