『ぼくがスターウォーズを愛する理由』

ここのところ
「世界観」について
書いてきています。

書いていて、
あらためて感じたことは、

僕は、
世界観のあるひとに憧れ、
世界観のあるひとに嫉妬し、
世界観のあるひとにインスピレーションを受け、
世界観のあるひとのそばにいたいと思い、
世界観のあるひとと出会いたいと思い、
世界観のあるひととなにかを共有し、
世界観のあるひとたちとなにかを創造したいんだな、
ということです。

その大元には、
「自分自身の世界を広げたい」
という強い想いがあるのだと思います。

子どもの頃、
学校の閉鎖的な社会が窮屈で
たまらなかった。

教室が嫌いでした。

毎日同じひとたち顔を合わせ、
いばっている先生に従い、
決まった時間割のもとで
多くのことに制限がかけられ、
不自由な縛りに強烈な違和感とストレスを
感じていました。

だから、
その束縛に抵抗しようと、
ルールに従わず、
自由に振る舞っていました。

その結果、
先生を激怒させてしまったのです。

自分が授業時中みんなの前で
先生から叱られている
公開処刑のような場面を
今でも鮮明に思い出すことができます。

その時から、
自己表現を抑制するようになりました。

ひとの顔色をうかがう
根暗な子どもになったのです。

そして、
閉鎖的な学校のシステムに対する
抵抗をやめ、
感情を殺した子どもになりました。

常に集団と個を相対化し、
自分がなにものなのか?という
アイデンティティーを模索して
いました。

いったい自分は誰なのか?

そんな問いを繰り返し、
自己を探求する子ども時代を送りました。

その頃からだと思います。

いつか、
この狭い日本を出たいと
思うようになったのは。

自由の象徴、アメリカに
強い憧れを抱くようになるまでにも
そんなに時間はかかりませんでした。

そして、
「自分の世界を広げたい」という思いは、
いつしか僕の悲願となりました。

これが今の僕を形成した
ルーツです。

そして、同時に、
「世界を広げる」という
人生のテーマが誕生したのです。

だから、小説や映画のなかに
描かれる創造的な世界に惹かれるんですね。

僕には、

自分だけの「世界観」を創造したい。

そんな強い思いがあります。

だから、
ひとの世界観を創造する
プロデュースも燃えてしまうのでしょうね。

つい最近、
「スターウォーズ」を改めて
エピソード1から6まで観直しました。

この作品が面白いのは、
何度見ても、その感動が色あせないところです。

自分の人生が変化するごとに、
自分が成長すればするほどに、
年を重ねれば重ねるほどに、

作品から受け取れるメッセージもまた
厚くなっていく奥行きの深い映画なんです。

ストーリーも、
登場するキャラクターも、
映像表現も、、、。

全てにおいて、
斬新で、革新的で、
それでいて愛らしい。

まさに強烈な
「世界観」といえます。

ヒーローになる未来が約束されていながらにして、
悪の道に身を堕としてしまうアナキン・スカイウォーカー。

その理由は、なんとも切なく悲しい理由でした。

そして、
ダースベーダーとルークが
最後に繰り広げる親子の対決のシーン・・・。

なんとも悲しいクライマックス。

壮大なスケールの世界観を
1つの作品に完成させた
ジョージ・ルーカスという天才。

この奇跡のような映画を
超える映画は僕のなかでは存在していません。

下手な自己啓発セミナーにいくよりも、
スターウォーズを観る方がよっぽど
深い気づきが得られるはずです。

スターウォーズを観て
あらためて思ったことは、

「世界観」というのは、
そのひとにしか表現できない
オリジナルの作品

なんだということです。

社会に残す
自分という作品、、、

いってみれば「魂の作品」、、、

それが「世界観」なんだと思います。

あなたの人生、
仕事にはどんな世界観があるのでしょうか?

いったいどんな作品を創造しているのでしょうか?

僕の興味はそこにあるのです。

今日はようやく、
「スターウォーズ7」を
観に行けます。

本当に今からわくわくしています!!

 

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

 

……★☆………………………………………………………………………

 

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106

 

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。