『この2つの要素がそろったセミナーは受講生が結果を出している』

金子です。

 

ここのところ、

============================

これからの時代のセミナー講師のあり方

============================

について連載しています。

(1)『これからの時代のセミナー講師のあり方とは?』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/06/10/6070

(2)『受講生が結果を出さないセミナーの共通点【セミナー講師のあり方2】』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/06/13/6073

(3)『なぜあなたはセミナー講師をやっているのか?【セミナー講師のあり方3】』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/06/14/6077

(4)『ゲーマー的セミナー講師が増えている!?【セミナー講師のあり方4】』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/06/15/6079

(5)『講師の仕事は”話す”ことではない!?【セミナー講師のあり方5】』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/06/16/6090

(6)『受講生が育たないセミナーの代表的な共通点とは?【セミナー講師のあり方6】』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/06/17/6098

(7)『あなたは講師として受講者の立場に立てていますか?【セミナー講師のあり方7】』
http://kanekoyoshitomo.com/2016/06/20/6101

 

今日のテーマは、

~~~~~~~~~~~~~~~
なぜ、
結果を出せるひとはごく少数に
とどまってしまうのか?
~~~~~~~~~~~~~~~

についてです。

世の中では、
無数のセミナーや講座がされています。

また、数多くのひとが
セミナーを受講しています。

しかし、
結果を出すひと、
変われるひとというのは
ごくごく少数です。

100人いたら3人くらい
多くても5人くらいでしょう。

セミナー講師がよっぽどの
やぶでない限り、
教えられているコンテンツも
それなりによいものであると
考えられます。

それにも関わらず、
なぜ結果を出せる人は
これほどまで少なくなってしまうのか・・・

それは、
いたって単純な理由です。

セミナーで学ぶ内容というのは、
単なる情報に過ぎません。

たとえていうと、
道具をもらうだけです。

では、
その道具を全員が
教わったとおりに
使うことができるかというと
そうではありません。

講師の言うとおりに、
使うことができるひと
というのはもともと少ないんです。

ただ、ごく稀に、
初めてにも関わらず、
その道具を上手に
使いこなしてしまえる人が
いるんですね。

それが、俗に言う、
「センスが良い人」です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

この手の「センスの良い人」は、

たとえ講師の教え方が悪かったとしても、

何度か試すうちに
その道具を使いこなせるように
なってしまいます。

では、
それ以外の人たちは、
いっこうに道具を使いこなせる
ようにならないかというと
そうではありません。

使っているところを
先生に見てもらって、

使い方の間違っているところがあったら、
そこを指摘してもらえばいいんですね。

そうやって、
間違っているところがわかれば、
使い方を軌道修正していくことが
できます。

そして、
うまく使えているかどうか
また先生にフィードバック
してもらうのです。

細かい修正が入ったら、
またそこを改善していく。

この「フィードバック」と
「改善」を繰り返していくことで、

その道具が自在に使えるように
なっていくのです。

「センスの良い人」は、
先生からの「フィードバック」がなくても、
自分で間違っている箇所が
直感的にわかるので、
そこを自分自身で「改善」できてしまいます。

しかし、
普通のひとは、
自分のどこが間違っているのか
自分では把握することができません。

だから適切に修正することもできないのです。

つまり、

セミナーのなかで、

==================
他者からの「的確なフィードバック」と
本人による「的確な修正」
==================

が行われれば、

「センスが良い人」でない人でも、
結果を出すことができる

ということが言えます。

逆にいうと、

どれだけ講師が情熱を持って
熱弁をふるっても、

==================
他者からの「的確なフィードバック」と
本人による「的確な修正」
==================

が不十分であれば、

結果を出すひとは
「センスが良い人」に
限定されてしまう・・・・

ということです。

つまり、

結果を出すセミナーとは、

==================
他者からの「的確なフィードバック」と
本人による「的確な修正」
==================

この2つの要素が
十分に満たされたセミナーだと言えます。

とても単純な話なんですが、

これらの2つがしっかり組み込まれている
セミナーというのは、
実はそこまで多くありません。

講師がしゃべり続けてしまう
セミナーがほとんどだからです。

もし結果を出す受講生の比率を
あげていきたいのであれば、

==================
他者からの「的確なフィードバック」と
本人による「的確な修正」
==================

の2つを考慮して
セミナーを構成していくといいでしょう。

 

===

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

最新特典動画:
『セミナーの効果的な受け方-5つの原則-』
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

===

■「集客ノウハウ」をもっと知りたい方は
金子の公式ブログに過去5年間の
ノウハウをずらりとまとめています。

http://kanekoyoshitomo.com/

===

■金子のコラム執筆

「東洋経済オンライン」
=============================
【1】「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192

【2】「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代
–年収300万円時代を生き抜く「マイクロ起業」–
http://toyokeizai.net/articles/-/105222

【3】誰もが副業で幸せに稼ぐ「才能」を持っている
–「好きなこと」の中にこそ副収入のタネ–
http://toyokeizai.net/articles/-/108327

【4】会社員が「才能」をおカネに換える方法
–まずは少額を受け取ることに慣れよ–
http://toyokeizai.net/articles/-/111079
=============================

大手出版社PHP運営「THE21 ONLINE」
================================
『なぜ大手企業は「副業」を解禁するのか?』
http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/2918
================================

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

 

……★☆………………………………………………………………………

■金子の2冊目の本

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

■金子の1冊目の本

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106

 

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。