『お札と小銭は仲が悪い??』

金子です。
こんにちは。

 

昨日は珍しく、
お金のことを
取り上げました。

「お金には人格がある。」

「お札入れと
コインケースに
分けています。

お札の立場だったら、
小銭たちと一緒に
するなと思っているかなと
思うかなと。」

と書いたところ、
こんなご質問を
いただきました。

=============================
お金は札と小銭で
そんなに仲が悪いんでしょうか。

お札は紙なので金属と一緒に入れると
質の違いから痛いだろうとか、
想像されてのことでしょうか。
=============================

お札と小銭は
僕の個人的な感覚としては、

仲が良い悪いというのは
ないかなと。

ただ、
やはり、
人間社会にもランク
というものがあるように、

お金の世界にも
ランクがあるのではないかと
思っています。

実際に本当に
あるのかどうかは
僕にもわかりません。

ただ、「なんとなく」
そんな気がするだけです。

でも、
お札と硬貨の間には、
隔たりがあるような
気がするんですね。

さらにいえば、

お札のなかにも、

10,000円札
5,000円札
1,000円札

のなかにも、
序列があるかなと
思っています。

当然、
そのトップの座は
10,000円札ですね^^;

※あくまでも、
これは僕の
想像の世界なので、
あまりうのみに
しないでOKですよ!

なので、
金子のお財布は、
10,000円札だけの
独立したゾーンが
あります^^

あとは、
5,000円札
1,000円札
のゾーンがあります。

当然、
お札の向きは
必ずそろえるように
しています。

そして、
これをいうと
驚くかもしれないんですが、

10,000円札については、

お札に入った順番に
奥の方に入れていきます。

一番長く財布にあった
10,000円札が
先に遣われていく
ということですね。

そして、
遣うときには、

「これまでありがとう。
またいつでも来てくれて
いいからね」

という気持ちを込めて
払うようにしています^^

そこまでルール化を
するつもりは
なかったんですが、

来たお金を大切に
扱ってあげようと
思っていたら、
自然とこうなりました。

 

ということで、
今日もお金の話の
続きでした。

たまにはこういう
番外編も、
書いていて
楽しいなと思いました。

では、また。

金子

 

■ご感想はこちら

ご感想をいただいた方には、
動画セミナー:
『セミナーの効果的な受け方-5つの原則-』
をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

■金子のコラム執筆

「東洋経済オンライン」
=============================
【1】「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192

【2】「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代
–年収300万円時代を生き抜く「マイクロ起業」–
http://toyokeizai.net/articles/-/105222

【3】誰もが副業で幸せに稼ぐ「才能」を持っている
–「好きなこと」の中にこそ副収入のタネ–
http://toyokeizai.net/articles/-/108327

【4】会社員が「才能」をおカネに換える方法
–まずは少額を受け取ることに慣れよ–
http://toyokeizai.net/articles/-/111079
=============================

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

……★☆………………………………………………………………………

■金子の2冊目の本

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

■金子の1冊目の本

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106

 

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。