『あなたは、切り替えタイプ?引きずりタイプ?劣等感サイクルの話のつづきです。』

金子です。

大手出版社のPHPが運営するオンラインコラムサイト
「THE21 ONLINE」に、
金子の書いたコラムを掲載していただきました。

今回掲載していただいたコラムはこちらです。

================================
『なぜ大手企業は「副業」を解禁するのか?』
http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/2918
================================

ロート製薬が4月から副業を容認する
人事制度を開始するということで
一時期ネットでも話題になりましたが、

今後大手企業でも副業OKの会社が
増えてくる可能性が高まっていくと思っています。

また、
マイナンバー制度によって、
副業を自粛するひとが増えるという論調がありますが、
これは僕もそうだと思っています。

ですが、マイナンバーは、
逆に、副業OKの会社を増やす要因に
なると僕は予測しています。

その理由は、ぜひこのコラムを読んでみてください^^
http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/2918

(シェア・拡散 大歓迎です^^)

====

 

さて、、、

ここのところ、
劣等感サイクルから抜け出す方法について
紹介しています。

前回は、

・コーチングの基礎をつくりあげたと
いわれるティモシー・ガルウェイは、
僕たちには「セルフ1」「セルフ2」という
2つの主体が存在することを説いたこと

・実際の自分が「セルフ2」
その自分に対して、
ダメだしをするのが「セルフ1」

・金子はこの両者のなかで生まれる会話のことを
「脳内トーク」と呼んでいること

・深層心理に隠れている
僕たちの「劣等感」も、
この批判的なセルフ1の脳内トークを
受けることで強化されていくこと

・この悪樹間を断ち切るためには、
「セルフ1」の発動を抑えていく
必要があること

について話してきました。

今日は、

=======================
「どのようにセルフ1の発動を
抑えていけばいいのか?」
=======================

について取り上げていこうと思います。

まず前提として・・・・

劣等感が強いひとは、

「自分をダメだしし過ぎてしまうパターン」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

を持っていることが多いんですね。

人間には失敗がつきものなので、
誰だって、自分のことをダメだしすることは
日常茶飯事です。

ここで2つのタイプに分かれます。

1つは、
自分をダメだししても、
すぐに気持ちを切り替えられる
「切り替えタイプ」。

そして、もう1つが、
自分のダメだしを
止められなくなる
「引きずりタイプ」です。

「切り替えタイプ」のひとは、
自分のステート(状態)を
すぐに立て直すことができます。

なので、安定して成果を
出していくことができます。

一方で「引きずりタイプ」のひとは、
立て直しができずに、
ずるずると不安定な状態が
続くことに・・・・(>_<)

気分的にも落ち込み、
成果を上げられるステートに
なかなか持っていくことが
できなくなります。

なぜ、両者にこのような違いが
生まれてしまうのか。。。

それはとても単純です。

この2つのタイプは、
自分のダメだしをした「あと」の
行動パターンに違いがあるんですね。

「切り替えタイプ」のひとは、
セルフ1が自分をダメだしをしたあと、
それ以上の自己否定をしません。

一度ダメだししたら、
そこまでに留めて、
切り替えます。

一方で、
「引きずりタイプ」のひとは、

一度自分のダメだしをしただけでは
終わらないんです。

さらに追い討ちをかけるかのように、
「自己否定してしまう自分」に対して、
さらなるダメだしをしてしまうんです。

例えば、こんなふうに。。。

「ああ、なんで自分はこんなに
ネガティブ人間なんだろう・・・」

「私ってどうしてこんなに、
自己否定が激しいんだろう・・・」

「なぜこんなに気持ちの切り替えが
下手くそなんだろう・・・」

こんなセルフ1が再び登場して、
自己否定、自己批判を繰り広げていくのです。

そうすると、
もう歯止めが効かなくなって、

「自分はなんで_他のひとたちと違って、
弱い人間なんだ・・・」

「やっぱり何をやったって、
うまくいきっこないんだ・・・」

といきつくところまで、
エスカレートしていくんですね。

つまり、

「自分をダメだしする自分」を
セルフ1がさらにダメだしをする・・・

このサイクルが延々とつづく
というのが「引きずりタイプ」のひとに
多く見られる典型的パターンなのです。

では、
このパターンから抜け出すためには、
どうすればいいのか?

とてもシンプルな方法があるので、
明日紹介しますね。

 

「脳内トーク」や「自分ダメだし症候群」については、
金子の処女作品でもある、
こちらの本のなかでも詳しく紹介しています。

メルマガでは書ききれていないところもあるので、
もっと知りたい方はこちらもご参照ください^^

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106

 

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

■「東洋経済オンライン」に、
金子のコラムが掲載されました。

=============================
【1】
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192

【2】
「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代
–年収300万円時代を生き抜く「マイクロ起業」–
http://toyokeizai.net/articles/-/105222

【3】
誰もが副業で幸せに稼ぐ「才能」を持っている
–「好きなこと」の中にこそ副収入のタネ–
http://toyokeizai.net/articles/-/108327

【4】
会社員が「才能」をおカネに換える方法
–まずは少額を受け取ることに慣れよ–
http://toyokeizai.net/articles/-/111079
=============================

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

……★☆………………………………………………………………………

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106