『「ナオミとカナコ」はなぜウケているのか?』

広末涼子と内田有紀が
出演しているドラマ
「ナオミとカナコ」が
話題になっていますね。

銀行員の夫を持つ加奈子と、
その友人で百貨店の外商をしている直美の物語です。

加奈子が夫からのDVに苦しんでいることに
気がついた直美が、加奈子を助けるべく、
その夫を殺害することを計画し話を持ちかけます。

僕はほとんどテレビを見ないのですが、
ドラマでは、
その殺害シーンから始まるという
かなりショッキングなオープニングだったそうです。

原作は、
直木賞作家の奥田英朗さん。

「イン・ザ・プール」を読んでから
彼のファンになり、
何作品か読ませてもらってますが、
今回も相当楽しませてくれました^^

最近はもっぱらkindle派なので、
電車で移動しているときに小説を
読んでいますが、

「ナオミとカナコ」はどんどん
ストーリーが展開していくので、
続きが気になり一気に読破してしまいました。

僕はミステリーが大好きなんですが、
この作品は、エンターテインメントもあり、
ミステリーもあり、DVという社会的なテーマもありと
いろんな感性を触発されながら読むことができました。

小説の書き方の本を読んでいると、
「書き手が書きたいことを書かないこと」
ということが書かれています。

「読み手がいる今の時代に合わせて書く」
のが共感される鍵だというのです。

「時代性」
といってもいいかもしれません。

もし、「ナオミとカナコ」が
DVというテーマを扱わず、
単純なミステリーだったら、
今回ドラマ化はされなかった
かなと思っています。

この時代性というのは、
僕たちのような個人ビジネスで
ブランディングをしていくときに
大きなヒントとなります。

今世の中で起こっていることを
テーマにしたビジネスを構築することで、
共感していただける方も増えていくからです。

DVというテーマで活動している
セラピストやカウンセラーも
増えてきていますよね。

僕の卒業生でいうと、
ダメンズ恋愛心理学の湯川央恵さんも
その1人です。

パートナーシップという
大きなカテゴリーを、

「時代性」のある「DV」という
さらに小さなカテゴリ〜に
テーマを絞り込んだことで、

DVの悩みを抱える女性
ダメンズを遍歴してしまう女性

から熱烈な支持を受けるように
なっているんですね。

強いブランドを作るという意味では、

ただ単純に競合がいないから、
ニーズがあるからというだけでなく、

今の時代に合ったテーマを選ぶことが
大きな鍵となってきている

ということだと想います。

ここで大切になってくるのが、

世の中のトレンドに対して
敏感になること。

ビジネス書ばかり
読んでいると、
自分の知識は増えるかもしれない。

ただ、
世の中のトレンドと
どんどん離れてしまう可能性があります。

これはビジネス上とても不利ですよね。

ということで、

ネットニュースでもいいから、
世の中のトレンドをこまめに
ウォッチしておくといいと想います^^

今日は、
これから動画の収録と、
夜はRISEの説明会がありと
盛りだくさんですががんばります!

では、
今日も素敵な1日をお過ごしください!!

 

追伸

「東洋経済オンライン」に、
金子のコラムが掲載されました。

「給料をもらう」というマインドを
「稼ぎを得る」というマインドに
切り替えることの重要性を提案しています。

=============================
「給料脳」が、あなたの退職後の生活を脅かす
–年収300万の下流化社会を生き抜く賢い選択–
http://toyokeizai.net/articles/-/101192
=============================

 

■「ご感想」もお待ちしております^^

お答えいただいた方には、

金子の渾身のレポート:
『最強のUSP構築バイブル(PDF・162ページ)』

をプレゼントさせていただきます。

https://goo.gl/hKdNzv

 

■2冊目の本が発売されました!

自分ブランド型ビジネスで
稼ぐための教科書。

成功事例を多数紹介してます。

「稼げる才能」が目覚めてしまう話題の本:
『明日会社を辞めても、「稼げる人」になれる本』
(東洋経済新報社)
⇒ http://goo.gl/uqmpBW

 

株式会社ATLUCK 代表取締役 金子欽致

 

……★☆………………………………………………………………………

 

■あなたの才能が見つかる本
http://amazon.jp/dp/4413039106

“頑張っているけど芽が出ない・・・”
そんな「もったいない」現状を打破し、隠れた才能を見つけ、
自分をブレイクさせるための新時代の「自分プロデュース論」

『「もったいない人」が人生を変える3つの法則』
http://amazon.jp/dp/4413039106

 

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。