◆『1杯450円のコーヒーの代金が払えなかったあの頃、ぼくは、、、』

 
今日も暑い!
 
夏のあがきを感じる暑さです^^;
 
 
きっと、今が、ピークで、
どんどん涼しくなっていくんだろうな。
 
 
今年の夏、
リアルプロジェクトに捧げている金子です。
 
 
 
 
3年前、
わたしは独立して1年ほど経っていました。
 
 
企業研修講師の仕事が途絶え、
収入がなくなったわたしは、
自分でビジネスをやらざるを得ない状況になります。
 
 
当初、
起業ネタを見つけるために、
毎日のように図書館に通ってました。
 
 
2週間で10冊借りて、
読み終わったら返していたんです。
 
 
図書館の帰り道には、
お気に入りのカフェがありました。
 
 
コーヒー1杯、450円
 
 
当時のわたしには、
高額でした。
 
 
それでも、
ログハウスのようなつくりの
ぬくもりある雰囲気が好きでした。
 
 
そのカフェでじっくり
起業の戦略を考える時間が
大好きでした。
 
 
今は、その図書館に
行かなくなったので、
 
そのカフェにも
自然と足が遠のいてしまいました。
 
 
 
わたしは、家で仕事をすることが多いんですが、
メルマガを書いたり、
企画を考えたりするときは、
喫茶店に行くことも多いんです。
 
 
最近は、
行き尽くした感があったので、
新たなカフェを探していたときに、
以前通っていた
その木造のカフェをふと思い出したんですね。
 
 
同時に、そのカフェのなかで、
新たに始めるビジネスのことを
真剣にノートに書き出していたときの自分まで
思い出したとき、、、、。
 
 
ものすごく、
こみ上げてくるものがありました。
 
 
 
あのとき、
わたしは、必死でした。
 
 
銀行残高が534円にまで落ち込み、
経済的には最悪の状態。。。
 
腰にはヘルニアをわずらい、
肉体的にもどん底でした。
 
 
それでも、
その頃のわたしには、
希望がありました。
 
 
落ちるところまで落ちて、
腹がくくれていたんだと思います。
 
 
わたしには会社員時代、
結果を出せない自分
責めに責めつづけ、
うつに追い込んだ経験があります。
 
 
だから、
自分を責めることは
もうすまい。
 
それだけは自分に約束していました。
 
 
できなくても、
それを励まし、
応援する自分がいてくれました。
 
 
なによりの理解者であり、
応援者は、
自分だったんです。
 
 
あのとき、
収入のない自分を
もし罵倒し、責め続けていたとしたら、、、。
 
 
きっと、
途中で、
起業をあきらめていたと思います。
 
 
子どものころから
精神的に打たれ弱い性格だった自分が、
今こうして、
起業できているのも、
弱い自分を責めずにきたからだと思います。
 
 
今だって、
そんなに強い人間じゃありません。
 
 
毎日テンションがアップダウンするし、
朝起きるとゆううつなことのほうが多いくらいです。
 
 
なにも予定がなければ、
映画サイトでおもしろそうな映画を探し、
気がつけば、映画館のシートに
座っているようなていたらくな自分です。
 
 
ひまなときはほんとうにひまだし、
なにもやる気が起こらないときは、
ほんとうになにもやらなくなります。
 
 
もっと行動したら、
もっと結果を出せるということも
わかっています。
 
 
でも、
その怠け者の自分が、
けっこう好きだったりします。
 
 
 
わたしは、ずっと、
「できる人」をうらやんでました。
 
 
そして、ねたんでました。
 
 
そのたびに、
「できない自分」を否定していました。
 
 
自信の残高は減り続け、
底をつき、
そして、
ついにゼロになりました。
 
 
 
自分なんて、
生きている価値がない。
 
 
真剣にそう思ったこともありました。
 
 
 
自分がどこまで落ちぶれるのか、
試したくなって、
1日営業をさぼったり、
漫画喫茶にいりびたったり、
キャバクラに通ったりしてました。
 
 
だ・ら・く
 
 
そう、堕落には、
引力性の魅惑というものがあります。
 
 
落ちぶれて行く自分に陶酔すら
感じていたんです。
 
 
 
あのころ、
わたしは
まさに心理的弱者でした。
 
 
 
可能性のシャッターを閉ざし、
未来をあきらめ、
自分をあきらめた男でした。
 
 
 
そんな過去を、
消そうとしたこともありました。
 
 
パンドラの箱に葬り去って、
記憶から抹消したかった。。。
 
 
それでもわたしの過去は、
まるで影のように、
自分の背中についてきました。
 
 
 
この過去と
一生離れることはできない。。。
 
 
過去を変えることはできない。
 
 
わたしにとっての過去は、
負債でした。
 
 
 
起業してから、
自分ひとりで立たなければならなくなり、
とことん自分と向き合いました。
 
 
そのたびに、
過去の意味がわかるようになりました。
 
 
つらかったけれど、
泣きたかったけれど、
 
その傷のすべてが、
今の自分を形成している。
 
 
あんなによわよわだった私が、
起業でき、
小さいながらもビジネスを
つづけていけるようになった。
 
 
 
だからこそ、わたしにはやりたいことがあります。
 
 
 
可能性のシャッターを閉じ、
あきらめてしまったひとに、
再び自分の未来の扉を開く
そのスタート地点に立ってほしいんです。
 
 
起業とは、
自分と向き合う場面の連続です。
 
 
その起業を通じて、
自らの足で地面を踏みしめ、
この国の未来を担える人材
ひとりでも多く増やしていきたいんです。
 
 
そのために、
ぼくが提供できるものを
すべて分かち合い
一緒にこの国を支えていける人を
増やしたいとおもっています。
 
 
 
 
とは、
youmeと書きますよね。
 
 
あなたの夢を
わたしは応援します。
 
 
あなたがあきらめない限り、
未来は実現します。
 
 
 
心一つで、人生は変わります。
 
 
 
わたしはそのことを、
多くの人に伝えていきたい。
 
 
 
金子
 
 
 
 
 
■お知らせ1
 
 
田渕さんとの
「セミナー集客徹底攻略セミナー」
DVD販売の日程ですが、
 
クレジット決済のシステムを導入している
カートに登録するので、
発売時期がすこしだけ延びそうです。
 
また予定が固まって来たところで、
お知らせします。
 
 
 
 
 
 
★お知らせ2
 
すでに700名が購入されているそうです!
 
あやしい教材の多いネットビジネス教材のなかで、
唯一ぼくが信頼し、購入した
結城隆行さんと齋藤耕平さんの教材はこちら。
 
ネットビジネスパラドックス
http://bit.ly/Ponacu 
 
↑ページはあやしいデザインですが、
 これだけの内容が3万円は安いですね。
 
 
ネットで楽して稼ぐ系の教材は
世の中にはいて捨てるほどありますが、
「人の買う心理」「欲と衝動の原理」
「ネットの外にあって見えない商売の本質」
などをこんなにさらっとこんなに安価に公開
してしまうこの二人はただものじゃない!!
 
 
ちなみに、
結城さんと齋藤さんとは、
非常識ホルモンを食べに行く友人です。
 
 
ネットビジネスの逆説の全てがここにあります。
 
 

【無料】LINE@動画プログラム

明日から毎日届くLINE@セミナー形式。自分らしい世界を作り、自分らしく稼げるようになるための新しい起業法を、無料動画を3本配信しています。